トライアンフの伝統を引き継ぎつつ、実用的にライディングを楽しめるモデル

トライアンフは、Bonnevilleが受け継いできたDNAとBonneville Bobberの佇まいを融合し、実用性と使いやすさも兼ね備えた新型モデル、Bonneville Speedmaster(ボンネビル スピードマスター)を発表した。新型Speedmasterは、伝統的な英国クラシックカスタムデザインらしいゆったりとしたスタイルをさらに強調し、ハイスペック化も実現したBonneville。日本での発売は2018年初春を予定しており、販売価格は未定となっている。

新型のBonneville Speedmasterは、Triumphクラシックカスタムの佇まいとゆったりとしたライディングスタイルに、機能性に優れたタンデムシートとシングルシート、ブレンボ製ツインディスクブレーキとハイスペックなサスペンションにより、卓越した操縦性、快適性、制御性を約束し、レスポンスに優れたカテゴリー最高の高トルク型である「Bonneville 1200 HTエンジン」は、低回転域でのトルクとパワーをさらに補強したBonneville Bobber向けチューンを採用して、刺激的なパフォーマンスとサウンドを実現している。

フルLED化されたヘッドライトや、最新式ライドバイワイヤによる2種類のライディングモード(ROADとRAIN)、最新式のABSとトラクションコントロールにクルーズコントロールなどクラストップの機能性と最新技術を投入。130以上ラインアップするアクセサリーアイテムで、カスタマイズも自由自在だ。

選べるカラーバリエーションは3色。

画像: フュージョンホワイト × ファントムブラック(ツインハンドペイントコーチライン付き)

フュージョンホワイト × ファントムブラック(ツインハンドペイントコーチライン付き)

画像: クランベリーレッド × ジェットブラック

クランベリーレッド × ジェットブラック

画像: ジェットブラック

ジェットブラック

画像: 選べるカラーバリエーションは3色。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.