車両重量133kg、ABSは標準装備!

スズキが原付2種、124ccのロードスポーツモデル「GSX-S125 ABS」を発売します。

スズキのスポーツネイキッドとして、人気のブランドとなっている「GSX-S」シリーズでは、最小排気量となる同モデル。パワフルな124ccエンジンと、133kgという軽量コンパクトな車体を組み合わせることで、走りを楽しめるモデルに仕上がっているようです。

また機能の面でも、スタータースイッチをワンプッシュするだけで、エンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」や、ABSを標準装備とするなど、充実の内容。

カラーバリエーションは2色展開で、発売日は2017年10月11日、価格は35万4240円となっています。

画像1: GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック

GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック

画像2: GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック

GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック

画像1: GSX-S125 ABS ソリッドブラック

GSX-S125 ABS ソリッドブラック

画像2: GSX-S125 ABS ソリッドブラック

GSX-S125 ABS ソリッドブラック

スズキ公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.