美しさを愛で、慈しむオーナーの喜びは不変

新排ガス規制が9月1日から施行されることを受けて生産終了となった車種は数多いが、中でも「惜しまれつつ」というフレーズがぴったりな1台がエストレヤだ。

画像1: 美しさを愛で、慈しむオーナーの喜びは不変

初代のデビューは92年。レーサーレプリカブームが終息し、250~400㏄クラスはネイキッドやアメリカンが人気の中心になっていた。そんな中、60年代風のルックスと、性能よりもテイストを追求した単気筒エンジンのエストレヤは、当時は異端の存在。業界関係者の多くは本格的な作り込みに関心しながらも、バブル期のキワモノモデルと同様、短命に終わるだろうと思っていた。

だが、エストレヤの人気は着実に高まっていった。「異端」ではなく「孤高」の存在として、女性ライダーを含めた幅広いユーザー層を魅了していったのだ。07年には排ガス規制に対応してFIを採用したモデルチェンジが行われたが、レトロなデザインと乗り味というキャラクターがまったくブレなかったのも、ユーザーの思いを大切にしたからだ。

しかし、市場規模を考えると基本設計が25年も前の空冷エンジンで、こうしたテイストを保ったまま新規制に対応させるのは難しい。開発スタッフは、今回、断腸の思いで生産終了を決断したのだと思う。そのためか、このファイナルエディションの変更箇所は、50歳代中盤以上のライダーには懐かしい、650RS(W3)をオマージュしたグラフィックやシートデザインの変更程度だ。

エンジンはボア66㎜×ストローク73㎜で、現代の常識からみると「超」のつくロングストローク設定で、穏やかなピックアップと低中回転域での粘り強さが持ち味。早めにシフトアップすればタタタッ……という排気音と心地よい振動を味わえ、18馬力ながら非力さを感じさせないし、高速道路の100㎞/hクルーズも問題なくこなせる。

画像2: 美しさを愛で、慈しむオーナーの喜びは不変

ハンドル切れ角が大きく、シート高も低いから、乗ったままでも降りて押しても取り回しやすいことも美点だし、厚手のシート、ソフトな設定のサスペンション、スポークホイールに組み合わせたバイアスタイヤで乗り心地がよく、ハンドリングも穏やか。エンジン特性と併せ、ロードモデルでここまで「のんびり走りたくなる」車種は珍しい。

僕は初期型に約7年乗っていたので、のんびり走らせる楽しさも磨き上げる喜びも知っている。エストレヤは牧歌的なオートバイライフを望むライダーには最適の1台だ。

画像3: 美しさを愛で、慈しむオーナーの喜びは不変
画像: 1974年に惜しまれつつ生産を終了した往年の名車、W3A(650RS)をイメージした、キャンディアラビアンレッドのカラーとタンクグラフィックを採用。エストレヤが持つクラシカルイメージを上質に引き立てている。

1974年に惜しまれつつ生産を終了した往年の名車、W3A(650RS)をイメージした、キャンディアラビアンレッドのカラーとタンクグラフィックを採用。エストレヤが持つクラシカルイメージを上質に引き立てている。

主要諸元
全長×全幅×全高 2075×755×1055㎜
ホイールベース 1410㎜
最低地上高/シート高 170㎜/735㎜
車両重量/総排気量 161㎏/249㏄
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
ボア×ストローク/最大トルク 66×73㎜/1.8㎏-m/5500rpm
圧縮比/最高出力 9.0/18PS/7500rpm
燃料供給方式/燃料タンク容量 FI/13L
キャスター角/トレール 27度/96㎜
変速機形式 5速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ300㎜ディスク・φ160㎜ドラム
タイヤサイズ 前・後 90/90-18・110/90-17

DETAIL

画像: フロントまわりの、なにげなく見せる表情は、専用カラーの採用もあって、往年のW3Aを思わせる。カワサキの、歴史あるモデルだからこそ備わる魅力のひとつだ。

フロントまわりの、なにげなく見せる表情は、専用カラーの採用もあって、往年のW3Aを思わせる。カワサキの、歴史あるモデルだからこそ備わる魅力のひとつだ。

画像: 直立したシリンダーが個性的な249㏄エンジンは、独特のパルス感と、キャブトンタイプのマフラーから発する歯切れのいいサウンドが、ライダーを飽きさせない。

直立したシリンダーが個性的な249㏄エンジンは、独特のパルス感と、キャブトンタイプのマフラーから発する歯切れのいいサウンドが、ライダーを飽きさせない。

画像: 縦にワディングの入った、肉厚のシートは基本的に従来と同様だが、ファイナルエディションではホワイトのパイピングを施し、質感を高めた特別なものとしている。

縦にワディングの入った、肉厚のシートは基本的に従来と同様だが、ファイナルエディションではホワイトのパイピングを施し、質感を高めた特別なものとしている。

画像: 300㎜ローターを採用するブレーキは十分な制動力。フロントタイヤは18インチを採用している。ファイナルエディションはフェンダーをメッキ仕上げとしている。

300㎜ローターを採用するブレーキは十分な制動力。フロントタイヤは18インチを採用している。ファイナルエディションはフェンダーをメッキ仕上げとしている。

画像: リアは17インチでスタンダードと同じだが、こちらもフェンダーをボディ同色からメッキタイプに変更して、ファイナルを飾るのにふさわしい高級感を演出している。

リアは17インチでスタンダードと同じだが、こちらもフェンダーをボディ同色からメッキタイプに変更して、ファイナルを飾るのにふさわしい高級感を演出している。

画像: Wシリーズの流れを汲むメーターユニットはタコメーターも備わった豪華なもの。デジタルトリップやハザードランプも標準装備し、文字盤も落ち着いたデザインとしている。

Wシリーズの流れを汲むメーターユニットはタコメーターも備わった豪華なもの。デジタルトリップやハザードランプも標準装備し、文字盤も落ち着いたデザインとしている。

RIDING POSITION

見た目の印象よりもコンパクトな車体だが、高めのハンドルと低めのステップ位置、着座位置の自由度が高いシート形状により、身長180㎝のライダーでも窮屈さは感じないはず。単気筒らしいスリムな車体と低いシートレール位置で足着き性も抜群にいい。

画像1: RIDING POSITION
画像2: RIDING POSITION

最新モデルの試乗レポートは、オートバイ9月号に多数収録!

オートバイ 2017年10月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-09-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.