で、本日北海道でジムカーナの大会。
気になる天気ですが、会場に行ってみると雨は降っておらず、あがったばかりのようでした。
路面がウェットからドライになりかけてる…という感じ。
なのでタイヤをきのうのレインタイヤから交換です。

画像: 私だとまだ時間がかかるので、旦那にも手伝ってもらいました。

私だとまだ時間がかかるので、旦那にも手伝ってもらいました。

しかし…交換が終わった途端雨が降り出すんですよ(涙)

画像1: <GROMでジムカーナ>〜北海道でもジムカーナ!(その2)

だけど、雨はあがる予報らしく、大会側の判断により開始時間を遅くしてのスタートとなりました。
そしたら、雨があがったんですよ!
やったー!\\\\٩( 'ω' )و ////
と言っても路面はウェットですが。

この大会の出走はD級から。
……さらに申し込み順(申し込みが遅いと早めの出走になる)から、私の出走がいちばんなんですね。
去年D級(125%未満が条件)に昇格したのでそうなるのです。
(昇格については詳しくはこちら→http://www.autoby.jp/_ct/16988290

なのでしっかりウェットな路面で走ることに。(´⊙ω⊙`;)

画像: ところどころに水たまりがあるが、せっかく北海道に来たんだから思い切り走ろう!(動画からのスクリーンショットなので画像が粗くてすみません。)

ところどころに水たまりがあるが、せっかく北海道に来たんだから思い切り走ろう!(動画からのスクリーンショットなので画像が粗くてすみません。)

このあと雨がまた降り出すかもしれないし、どうなるかわからない状況でしたが、天気もどんどん回復してきて路面もドライになってきます。
午後からの2Hは全員全くのドライコンディションで走ることができました(^^)

画像: 上・池田秀一選手、下・富永崇史選手

上・池田秀一選手、下・富永崇史選手

結果、この大会の優勝は池田秀一選手。
2位の富永崇史選手とは0.4秒差でした。
お二人は関東の大会でも常にトップ争いです。

ちなみに参加者53人中、関東12人、愛知4人、そして兵庫1人(なんと自走でした!)、3分の1弱が道外からでした。
夏休みですね〜(^^)

それと少しですがライダーの写真です。

画像2: <GROMでジムカーナ>〜北海道でもジムカーナ!(その2)
画像: 選手のライダーや会場の雰囲気が伝われば嬉しいです。

選手のライダーや会場の雰囲気が伝われば嬉しいです。

そしてこの大会、なんと5台のグロムが参加してました!

画像: 上・宮田選手(愛知県)、左下・高橋選手(愛知県)、右下・田中選手(北海道) もう1名北海道の女性選手がいたのですが写真が撮れず……

上・宮田選手(愛知県)、左下・高橋選手(愛知県)、右下・田中選手(北海道)
もう1名北海道の女性選手がいたのですが写真が撮れず……

みんなで情報交換です!
北海道には今年からグロムでジムカーナをし始めた女性もいました。(今月が大会デビューだそうです!)
どうしたら乗りやすくなるか、速くなるか、どこまでお金をかけるか、などなどグロム談義に花が咲きました!
それぞれシートの形も削ったりしてるし、ハンドルの切れ角を少なくしていたり、社外品を色々使っていたり、どれも違うんですよ。(*^^*)
エンジンをかけて乗ってみるともっと違うんだろうな〜と思いながらみんなで乗り比べます。

画像: 大会のあとだったのでエンジンをかけることができなかったのですが、一応試乗会です\\\\٩( 'ω' )و ////

大会のあとだったのでエンジンをかけることができなかったのですが、一応試乗会です\\\\٩( 'ω' )و ////

で、自分の話になってしまいますが、D級優勝でした!

画像: Cに上がるには115%未満のタイム比でなければならないのですが、及ばず。

Cに上がるには115%未満のタイム比でなければならないのですが、及ばず。

タイム比は今まででいちばんいい116.37%です。
この大会はみんなイコールコンディションで走れてタイムを残せたこと、
実は私にとって意味があることなんです。

それはリヤサス。

画像3: <GROMでジムカーナ>〜北海道でもジムカーナ!(その2)

これでしばらく苦戦していたんです。
ということで、続きはのちほど!

イラストレーター寺崎愛のホームページ

This article is a sponsored article by
''.