価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!

先日125ccスクーターの「シグナスX SR」への採用が発表された“MotoGPマシン”カラーですが、50ccスクーターの「ジョグZR」にも採用されます!

スタンダードモデルをベースに、カラーリングの変更や、ロゴマークなどが追加された“Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、国内1500台の限定で、価格はスタンダード「ジョグZR」の20万5200円に対し、21万600円と、5400円のアップに抑えられています。

なお、発売日は2017年9月29日となっています。

画像: 「ジョグ CE50ZR」Movistar Yamaha MotoGP Edition ■価格:21万600円 ■発売日:2017年9月29日

「ジョグ CE50ZR」Movistar Yamaha MotoGP Edition
■価格:21万600円 ■発売日:2017年9月29日

画像1: 価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!
画像2: 価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!
画像3: 価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!
画像4: 価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!
画像5: 価格はスタンダードからわずか5400円のアップ!

※YAMAHA プレスリリースより

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティなスタイルで人気の原付一種スクーター「ジョグCE50ZR」に、Movistar Yamaha MotoGP Editionを設定、数量限定1,500台で9月29日より発売します。現行のジョグシリーズ「ジョグCE50」「ジョグCE50D」「ジョグプチCE50P」「ジョグCE50ZR」についても平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、8月21日より発売します。

“Movistar Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現しました。主な特徴は、1)レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色、2)MotoGPをイメージさせる車体グラフィックとゴールドカラーの音叉マーク、3)Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどです。

なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

YAMAHA 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.