東条が乗り継いだ新世代400スポーツ

Z400FXは、まぎれもなくミドルクラスに4気筒人気を定着させたモデルである。しかし、その400ccクラス(350ccも含めて)に初めて4気筒モデルを投入したのは、実はホンダだった。1972年のCB350FOUR、そして74年のCB400FOUR。69年に発売され、日本どころか世界中にセンセーションを巻き起こしたCB750FOURのインパクトを国内ミドルクラス
にも、という目論見だったが、4気筒のメカニズムというより、350はそのオーソドックスすぎるスタイリングが、そして400は抑え目の走行性能が災いし、短命に終わってしまう。

しかし、77年に400FOURが生産中止になると、一度4気筒の魅力を知ってしまった若いライダーたちの間に、4気筒待望論が沸き起こる。その渇望を沈めたのが、79 年登場のZ400FXだったのである。FXに続けとばかりに、ヤマハはXJ、スズキもGSXと4気筒モデルを発売するが、真打ちは81年に発売されたCBX400Fだった。

画像: ●エンジン型式:空冷4 ストDOHC4 バルブ並列4 気筒●総排気量:399cc ●最高出力:48PS/11000rpm ●最大トルク:3.4kg-m/9000rpm ●乾燥重量:173kg ●燃料タンク容量:17L ●前・後ブレーキ:ディスク・ディスク●前・後タイヤサイズ:3.60-18・4.10-18 ●発売年月:1981 年11 月●発売当時の価格:47 万円/48 万5000 円 (ツートーン)

●エンジン型式:空冷4 ストDOHC4 バルブ並列4 気筒●総排気量:399cc ●最高出力:48PS/11000rpm ●最大トルク:3.4kg-m/9000rpm ●乾燥重量:173kg ●燃料タンク容量:17L ●前・後ブレーキ:ディスク・ディスク●前・後タイヤサイズ:3.60-18・4.10-18 ●発売年月:1981 年11 月●発売当時の価格:47 万円/48 万5000 円
(ツートーン)

CBXは、並列4気筒DOHC4バルブという、当時考えられる最高のメカニズムで登場し、クラス最高の48PSを発揮。国産車初のインボードディスクの採用や、中空アルミキャストスイングアームとプロリンクの採用など、車体にも数々の新しいメカニズムが採用された。そして、その走りも確実に400cc新時代を感じさせるもので、同クラスでは抜きん出たパフォーマンスを発揮。さすがのFXも、CBXの前では古さを感じさせる存在だった。

画像: DOHC4 バルブヘッドを採用、ボア×ストロークは55×42mmというショートストローク設計。48PS という最高出力は、最大のライバルだったZ400FX の43PS を大きく上回っていた。

DOHC4 バルブヘッドを採用、ボア×ストロークは55×42mmというショートストローク設計。48PS という最高出力は、最大のライバルだったZ400FX の43PS を大きく上回っていた。

画像: スピードメーターを左に、タコメーターを右に配置したオーソドックスなアナログメーター。中央には小型の燃料残量計が独立してマウント。

スピードメーターを左に、タコメーターを右に配置したオーソドックスなアナログメーター。中央には小型の燃料残量計が独立してマウント。

画像: CBX のフロントブレーキはユニークなインボードディスクブレーキ。制動性能に優れるが錆びやすい鋳鉄製ベンチレーテッドローターを使用するため、ローターをカバーしている。

CBX のフロントブレーキはユニークなインボードディスクブレーキ。制動性能に優れるが錆びやすい鋳鉄製ベンチレーテッドローターを使用するため、ローターをカバーしている。

ホンダも、このCBXのスポーツ性をアピールするために、改造範囲を絞って、手軽に出場できるレース「スーパーストリート400」クラスを新設。このクラスが人気をさらに加速させ、鈴鹿4時間耐久ロードレースなど、CBXが出場するレースも過熱していった。ちなみに作中でも、沢渡がレースデビューした「鈴鹿200kmレース」には、このスーパーストリート仕様のCBXでエントリー。見事に優勝を果たしている。

画像: 東条が乗り継いだ新世代400スポーツ

CBXが発売されてからは、各メカーとも次々とスポーツを打ち出したモデルを発売し、やがて「レーサーレプリカ」と呼ばれるスーパースポーツの時代がやってくる。そしてホンダも、CBXの後継としてCBR400Fを発売するが、生産中止となったCBXも、ファンのラブコールに応える形で正式に再生産をスタート! 長きにわたる日本のオートバイ史でも、一度生産中止となったモデルを、再生産に踏み切った例などほとんどない。つまりCBXは、それだけの人気モデルだったのだ。

画像: Z400FX を所持したまま、東条が街乗り用として活躍したのがCBX400F。沢渡がFX でクルマに追突したと聞いた緋沙子がこのCBX を借り、現場へと急行する時に、東条の父が乗るリムジンに衝突してしまう。 ©️新谷かおる

Z400FX を所持したまま、東条が街乗り用として活躍したのがCBX400F。沢渡がFX でクルマに追突したと聞いた緋沙子がこのCBX を借り、現場へと急行する時に、東条の父が乗るリムジンに衝突してしまう。
©️新谷かおる

協力:株式会社KADOKAWA

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.