若きモトクロスライダーたちが日の丸を背負って…、いや日の丸を被って世界に挑戦します!
5人のティーンエイジャーたちが手にしているのは、アライヘルメットより贈られたお揃いのヘルメット。彼らは7月29〜30日、エストニアにておこなわれる「FIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ」に参戦するライダーたちでして、これは7月9日(日)に開かれた壮行会での模様です。

画像: 右から鴨田翔くん(16歳)、内藤龍星くん(16歳)、袴田哲弥くん(14歳)、田中淳也くん(11歳)、坂田大和くん(11歳)です。

右から鴨田翔くん(16歳)、内藤龍星くん(16歳)、袴田哲弥くん(14歳)、田中淳也くん(11歳)、坂田大和くん(11歳)です。

「FIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ」は、言うなればプロ モトクロス界への登竜門で、ケン・ロクスン選手やイーライ・トマック選手らを輩出してきたジュニア世代のビッグレースなんです。
BOSSレーシング 元木龍幸氏(元国際A級モトクロスライダー)率いるTEAM JAPANのメンバーは過去最多の5名。MXGP125クラスに出場する鴨田翔くん(16歳)と内藤龍星くん(16歳)、MXGP85に出場する袴田哲弥くん(14歳)、そしてMXGP65に出場する田中淳也くん(11歳)と坂田大和くん(11歳)です。

画像2: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!
画像3: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!

世界の強豪が集まる中での厳しいチャレンジですが、「世界に通用するライダー」を目標に持つ彼らですから、きっと暴れ回ってきてくれるはずです。日本モトクロス界期待のホープたちの活躍が、いまから楽しみで仕方ありません。

画像4: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!
画像5: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!

鴨田翔くん(16歳)

まず鴨田翔くん(16歳)は、2015年度の関東モトクロスジュニアチャンピオンを経て、史上初の3階級特別昇格を果たし、昨年から全日本モトクロス国際B級クラスを走っています。
2年前にもこの大会(スペインにて開催)に参戦しており、「前回はあまり良い結果が出なかったので、その経験を活かして、世界に自分をアピールしたいと思います」とのこと。
さらに、「もちろん狙うのは1位ですが、125クラスは激戦区なので、まずはトップ10に入りたい」と、世界の大舞台で結果を残すことがいかに難しく、そして現在の自分にとってこのレースでの結果がとても重要であることをしっかり理解している様子でした。

画像: 内藤龍星くん(16歳)

内藤龍星くん(16歳)

そして同じMXGP125クラスに出場する内藤龍星くん(16歳)もまた、世界への飛躍を目論んでいます。
昨シーズン、関東モトクロス選手権でチャンピオンを獲得すると、夏の全国大会でも総合優勝し、今シーズンから2階級特進で全日本モトクロス国際B級クラスへステップアップ。鴨田くんと同じクラスで、全日本を回っています。
意気込みを聞くと「スタートが得意なので、集中してホールショットを狙いたいです!」と、レース序盤から見せ場をつくってきたいとのこと。
「自分のレベルはまだまだ低いので、世界の選手たちと走ることで勉強させてもらう、そういう気持ちが大きいです」と、話してくれました。

画像: 袴田哲弥くん(14歳)

袴田哲弥くん(14歳)

MXGP85クラスを走る袴田哲弥くん(14歳)もまた、鴨田くんとともに2年前のスペイン大会に出場しており、今回で2回目の参戦となります。
前回は怪我を負ってしまい「何もできずに終わってしまいました」と振り返りますが、「今年はそのリベンジです!」と力強く宣言してくれました。
目標とするライダーはライアン・ダンジーとバレンティーノ・ロッシです。「見ているだけで楽しくなる、そんなライダーになりたい」と、理想のライダー像も明確です。
バイクに乗り始めたキッカケは「お父さんがサーキットを走っていて、自分もやりたいと思ったからです」とのこと。ポケバイに乗り始めたのは2歳で、レーシングキャリアは充分。「トップ5入りを目指します!」と、頼もしい言葉が聞けました。

画像: 田中淳也くん(11歳)

田中淳也くん(11歳)

MXGP65クラスに出る田中淳也くん(11歳)は、3歳からモトクロスをスタート。今大会のコースはサンド質のようなので、アクセルをワイドオープンするトレーニングを増やしているとのこと。
また、タイムアタックには自信があるので「予選から狙っていきます。狙いは1位です、絶対勝ちます!」と、自信たっぷりで頼もしいかぎりです。

画像: 坂田大和くん(11歳)

坂田大和くん(11歳)

同じく65クラスに出場する坂田大和くん(11歳)も「将来は海外で活躍できる選手になりたい」と、話してくれました。
目標としているのはアメリカで活躍している下田丈選手(AMSOIL HONDA)で、シーズンオフには坂田くんも渡米しトレーニングを積んでいます。
海外の選手とも互角以上にレースできる自信と実力があり、今回のエストニア大会も大いに期待ができます。

画像6: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!
画像7: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!
画像8: 世界へ羽ばたけ日本のジュニア世代! 若き5名がFIMジュニア モトクロス チャンピオンシップ(エストニア)に参戦!!

壮行会の最後はTeam JAPAN 元木龍幸監督が締めくくりました。
「世界で通用するライダーをつくるためには、いち早く世界を見せないとダメになってしまう。そういう思いで、子供たちを世界に送る役目をしています。“こんなことをやって何になるんだ”とか、いろいろと言われます。でも、やるしかないんです! 子供たちに世界を見せて、世界に通用するライダーをひとりでも多く育てたいと真剣に考えています」
元木監督と若きライダーたちの挑戦、応援せずにはいられません!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.