クラス中最も過激で辛口! まさにスーパーバイクそのまま

リッタークラスのスーパーネイキッドは数多く存在するが、その中で最も過激なのが新型トゥオーノ1100。一言で表現するなら「凄まじい」オートバイだ。

アップハンドルやライダーをアシストする電子制御を見て勘違いしてはいけない。このオートバイは乗り手を選ぶ。少なくとも加減速や体重移動を使った荷重コントロールをスムーズに行えるライダーでなければ、ポテンシャルを引き出すどころか、楽しく走らせることすら難しいだろう。

画像: 高めにセットされたハンドルバーでネイキッドとしているが、フォルムはまさにスーパースポーツ。RSV4にも通じる、独特なデザインのヘッドライトも個性を際立たせる。

高めにセットされたハンドルバーでネイキッドとしているが、フォルムはまさにスーパースポーツ。RSV4にも通じる、独特なデザインのヘッドライトも個性を際立たせる。

トゥオーノはワールドスーパーバイク選手権で大活躍した、RSV4RFの兄弟車だが、レギュレーションに捉われないため、V4エンジンは排気量を1077㏄まで拡大。アルミツインスパーフレームも基本的に共通で、前後サスペンションやブレーキシステムも同じ。他のスーパーネイキッドは、扱いやすさを得るためエンジンやハンドリングの特性をマイルドにするのが常套手段だが、トゥオーノはRSV4の特性に徹底的に近付けたいという開発陣の「意地」を感じさせる。

当然のことだが、トゥオーノが得意とするステージはワインディング。最初に感じるのは、高荷重に対応した車体設定の手強さ。オートバイ任せで流すようなペースではトラクションを感じ取りにくく、旋回性もほどほど。だがサスペンションをしっかり動かしてタイヤを路面に押し付けるペースになると、途端にキレのいいコーナリング特性を見せる。アップハンドルではあるが、車体の動き方はスーパースポーツモデルそのもので、想定ラインにキッチリ乗せるにはメリハリのある操作が必須だ。

画像: クラス中最も過激で辛口! まさにスーパーバイクそのまま

さらにエキサイティングなのがスロットルを捻るだけであふれ出すパワー。高回転型のRSV4はタイトターンだと速度が低すぎてパワーバンドから外れることがあるが、トゥオーノはパワーバンドが低回転側に大きく広がっているので、Uターンのようなコーナーの立ち上がりでもリアタイヤにトラクションを掛けられる。ただし電子制御を切ると当たり前のようにパワースライド、パワーリフトを起こすので、各種の制御レベルを設定して自分の乗り方に合わせる楽しさもある。

これほど研ぎ澄まされたスポーツ性能を持つスーパーネイキッドを造ったのはアプリリアのプライドであり、ポリシーなのだろう。「誰にでも扱いやすい」ことを優先したスーパーネイキッドとは決定的に異なる「辛口」のキャラクターに感動した。

画像: ネイキッドと言うよりは、カウルを外したRSV4、といった印象のスタイリング。「スーパーポール」という名のボディカラーもワークスマシンを彷彿させるものだ。

ネイキッドと言うよりは、カウルを外したRSV4、といった印象のスタイリング。「スーパーポール」という名のボディカラーもワークスマシンを彷彿させるものだ。

主要諸元
全長×全幅×全高 2065×NA×NA㎜
ホイールベース 1445㎜
最低地上高 125㎜
シート高 825㎜
車両重量 184㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒
総排気量 1077㏄
ボア×ストローク 81×52.3㎜
圧縮比 NA
最高出力 175HP/11000rpm
最大トルク 12.3㎏-m/9000rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 18.5L
キャスター角/トレール 24.7度/99.7㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ330㎜ダブルディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・200/55ZR17

DETAIL

画像: 1077㏄にスケールアップすることで、中低域のトルクを増強したエンジン。電子制御のライダーエイド「APRC」も新世代のものが投入されている。

1077㏄にスケールアップすることで、中低域のトルクを増強したエンジン。電子制御のライダーエイド「APRC」も新世代のものが投入されている。

画像: フロントフォークはオーリンズのNIX43、ブレーキはBOSCHとの共同開発となる「マルチマップコーナリングABS」を採用。

フロントフォークはオーリンズのNIX43、ブレーキはBOSCHとの共同開発となる「マルチマップコーナリングABS」を採用。

画像: リアサスもオーリンズ製のピギーバックタイプを装備。クイックシフトには今回からシフトダウン機能も備わっている。

リアサスもオーリンズ製のピギーバックタイプを装備。クイックシフトには今回からシフトダウン機能も備わっている。

画像: テールカウル、付け替え式のタンデムシートなど造りはまさにRSV4そのもの。シート高は825㎜とやや高めの設定だ。

テールカウル、付け替え式のタンデムシートなど造りはまさにRSV4そのもの。シート高は825㎜とやや高めの設定だ。

画像: センターにハイビームを配した、ユニークな3灯ヘッドライトはRSV4と共通。ライトユニット自体はオーソドックスなハロゲン。

センターにハイビームを配した、ユニークな3灯ヘッドライトはRSV4と共通。ライトユニット自体はオーソドックスなハロゲン。

画像: メーターはカラーTFT。ラップタイム計測や各種セッティング表示に加え、スマホの音声コマンドや電話の発着信まで表示可能。

メーターはカラーTFT。ラップタイム計測や各種セッティング表示に加え、スマホの音声コマンドや電話の発着信まで表示可能。

RIDING POSITION(身長:176㎝ 体重:60㎏)

アップハンドルではあるが、ステップ位置が後退していることもあって走行中は前傾姿勢になり、車体との一体感が得られる。足着き性はサスペンション設定の違いでRSV4より良好だが、それでもシートは高めだ。

画像1: RIDING POSITION(身長:176㎝  体重:60㎏)
画像2: RIDING POSITION(身長:176㎝  体重:60㎏)

問い合わせ

ピアッジオグループジャパン
TEL.03-3453-3903(ピアッジオコール)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.