「 できる限り小さなオートバイを!」今や幻となったモンキーの原点

モンキーの原点となったモデル、Z100。そもそもホンダの若手の技術者らが「できる限り小さなオートバイを!」と製作し、社内アイデアコンペを勝ち抜いたものがルーツだったという。このZ100はモンキーという名前こそ与えられていないものの、スーパーカブ系ベースの50㏄エンジン、小径ホイールを活かしたコンパクトで愛らしいスタイリング、分割式ハンドルなど、後年のモンキーの基本的なイメージをもらさず備えている。1961年の第8回日本自動車ショウで初公開された後に、当時ホンダが経営していたモータースポーツをテーマにした遊園地・多摩テックの遊具として採用され、大人から子供までの来園者の人気を集めるようになる。しかしついに市販はされず、極めて少数のみが生産されるにとどまった。

画像: ●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒 ●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ ●サスペンション(前・後):リジット ●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒
●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ
●サスペンション(前・後):リジット
●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

画像: シートと連続したラインを描く、逆三角形デザインのコンパクトなタンクがZ100の特徴。性格には樹脂製のカバーで、内部に金属製のタンク本体が収められている。

シートと連続したラインを描く、逆三角形デザインのコンパクトなタンクがZ100の特徴。性格には樹脂製のカバーで、内部に金属製のタンク本体が収められている。

画像: スーパーカブC 100用ベースの49㏄OHV単気筒エンジンを搭載。自動遠心クラッチを採用した3速ミッションの扱いやすさが、子供も乗ることが多い遊具用には最適だった。

スーパーカブC 100用ベースの49㏄OHV単気筒エンジンを搭載。自動遠心クラッチを採用した3速ミッションの扱いやすさが、子供も乗ることが多い遊具用には最適だった。

別冊付録のRIDEは永久保存版の「モンキー大全」!

オートバイ 2017年8月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-06-30)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.