スタイル、走り、質感に加え価格も魅力的な注目株!

BMW=大排気量の高級車というイメージが強いだけに、このG310Rの登場に驚いた人も多いはずだが、新興国市場へ国際的企業が積極進出するのは時代の流れだし、市場開拓のためには、BMWを手の届くブランドとして認知させることも重要。G310Rをインド生産としたのは、低価格実現とブランド周知には手っ取り早い手段と言える。

日本国内では普通二輪免許で乗れる唯一のBMWとなるので、ブランドに敏感な若いライダーや女性ライダーに注目されることは間違いないし、重量車の取り回しに疲れたベテランライダーも、BMWなら抵抗なくダウンサイジングできるはずだ。

このG310R、排気量的にはライトウエイトクラスだが、実車はけっこう大柄。幅広のハンドルやボリュームのあるタンク、座面の大きなシートでミドルクラスなみの存在感がある。ライディングポジションは自由度が高く、身長160㎝程度のライダーから180㎝程度のライダーまで、無理のないポジションが取れるし、タンデムも楽だ。

画像: BMW G310R 最高出力:34PS/9500rpm 最大トルク:2.85㎏-m/7500rpm 価格:58万円 発売:2017年6月

BMW G310R
最高出力:34PS/9500rpm
最大トルク:2.85㎏-m/7500rpm
価格:58万円
発売:2017年6月

画像1: スタイル、走り、質感に加え価格も魅力的な注目株!
画像2: スタイル、走り、質感に加え価格も魅力的な注目株!

G310R最大の特徴は、シリンダーを後傾させ、通常とは逆に前方吸気、後方排気としたエンジン。重いシリンダーヘッド部分を大きく後傾させることでエンジンの重量マスが集中し、車体の前側に搭載できるので、意図したフロント荷重が得やすいうえ、ホイールベースを延ばさずにスイングアームを長くできるから、スタビリティ面でも有利。なかなか理にかなったレイアウトと言える。

313㏄という排気量は日本車の排気量区分に慣れた身には半端に感じるが、排気量に捉われずに扱いやすさとパワーのバランスをとった結果だろう。事実、発進加速は力強く、クロスレシオ気味の6速ミッションを介してストレスなく速度が乗っていく。パワーバンドは7000~1万回転で、ここをキープすれば250㏄の2気筒エンジン車よりも反応はダイレクト。1万500回転でレブリミッターが作動するが、最高速は160㎞/hを超えるのでサーキット走行も楽しい。

6速・100km/h時は約6200回転と余裕たっぷり。とはいえ、単気筒ゆえ7000回転を超えると徐々に振動が増え、風圧もダイレクトに受けるから、高速クルージングの快適性は過度に期待しない方がいい。

G310Rは足回りを含む車体全体の構成もミドルクラス的で、ハンドリングも意外としっとりしている。前後サスペンションはソフトめの設定で、乗り心地は上々。ピッチングモーションを活かしたモタード的な走りもできる。ただ、荒れた路面では弱めのダンピング設定ゆえ収束がやや遅い。ロードスポーツらしい安定性を望むなら、Fフォークの油面やオイル粘度を見直すと良さそうだ。

6月から発売となったモデルだが、すでに第一ロットの店頭在庫は残り僅かだと聞く。この仕上がりと、BMWのブランド力、しかも価格が税込み58万円なら当然だと思う。

画像: スポーティでクールなG310Rのスタイリング。ダイナミックなボディラインなどから、ハイパフォーマンスなスーパーネイキッド・S1000Rの遺伝子を色濃く感じさられせる。

スポーティでクールなG310Rのスタイリング。ダイナミックなボディラインなどから、ハイパフォーマンスなスーパーネイキッド・S1000Rの遺伝子を色濃く感じさられせる。

画像: トレンドであるストリートファイター調のプロポーションを備えながら、軽快さとたくましさを兼ね備えたデザイン。独特なリア周りの処理などにも工夫が凝らされている。

トレンドであるストリートファイター調のプロポーションを備えながら、軽快さとたくましさを兼ね備えたデザイン。独特なリア周りの処理などにも工夫が凝らされている。

画像: コンパクトな液晶メーター。速度、回転数、距離計、時計から、燃料計や航続可能距離、平均燃費、平均速度など多彩な情報を表示可能。

コンパクトな液晶メーター。速度、回転数、距離計、時計から、燃料計や航続可能距離、平均燃費、平均速度など多彩な情報を表示可能。

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高:2005×820×1080㎜
ホイールベース:1374㎜
最低地上高:NA
シート高:785㎜
車両重量:158.5㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:313㏄
ボア×ストローク:80×62.1㎜
圧縮比:10.6
最高出力:34PS/9500rpm
最大トルク:2.85㎏-m/7500rpm
燃料供給方式:FI 燃料タンク容量:11L
キャスター角/トレール:64.9度/103㎜
変速機形式:6速リターン
ブレーキ形式 前・後:φ300㎜ディスク・φ240㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後:110/70R17・150/60R17

RIDING POSITION

ネイキッドスポーツモデルのお手本のような軽い前傾ポジション。ニーグリップしやすく、ハンドルの押さえも効くからアクションライディング入門にもいいだろう。着座位置に自由度があるのでライダーの体格も問わない。足着き性は国産400㏄と同程度だ。
身長:176㎝ 体重:60㎏

画像1: RIDING POSITION
画像2: RIDING POSITION

最新モデルの試乗レポートを多数収録!

オートバイ 2017年8月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-06-30)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.