熊野市のバイク愛好家によって企画開催された『ライダースフェスティバルin南紀』のスタントショーMCとして参加。ミカン畑の間を縫う、ホテルから会場の行き来のみの走行。

画像1: 熊野市のバイク愛好家によって企画開催された『ライダースフェスティバルin南紀』のスタントショーMCとして参加。ミカン畑の間を縫う、ホテルから会場の行き来のみの走行。

スーパースポーツマシンだけではなく、日本では稀なハーレーダビッドソン・ビッグツインエンジン搭載のFXRを用いてスタンショーを行なうチームに所属しております。私はマイクボーイを担当しておりますが、ボーイで有るか無しかはこの際気にしないで下さい。

画像: ちなみに、夕方のニュース&地元新聞にも取り上げられました、よと。

ちなみに、夕方のニュース&地元新聞にも取り上げられました、よと。

画像2: 熊野市のバイク愛好家によって企画開催された『ライダースフェスティバルin南紀』のスタントショーMCとして参加。ミカン畑の間を縫う、ホテルから会場の行き来のみの走行。

本日、熊野市より一歩も外に走りに行かなかったので、出発前に撮影したメーターについて説明をしたいと思います。モノクロの液晶モニターに情報を集約。最下段の燃料計は6分割目盛りで、ラストひと目盛りがペカッたら速やかに給油すべし。燃料計の上には燃費計。平均燃費の他、操作状況に応じた燃費が時間差なくダイレクト表示も可能。50Km/L驚異的数値が嬉しかったりして。

4日目の滞在地:三重県熊野市:30Km走行(下道のみ)

画像: 4日目の滞在地:三重県熊野市:30Km走行(下道のみ)

主要諸元 SV 650 ABS
●全長×全幅×全高: 2140×760×1090 ㎜ 
●ホイールベース :1450 ㎜ 
●シート高 :785 ㎜ 
●車両重量 :196 kg 
●エンジン形式: 水冷4ストDOHC 4バルブV型2気筒 
●総排気量 :645 cc 
●ボア×ストローク: 81×62 . 6 ㎜
●圧縮比 :11 . 2 
●最高出力 :76 . 1 PS/ 8500 rpm 
●最大トルク :6 . 5 kg-m/ 8100 rpm
●燃料供給方式 :FI 
●燃料タンク容量 :13ℓ 
●キャスター角/トレール 25 度/ 106 ㎜
●変速機形式 :6 速リターン ●ブレーキ形式 前・後: φ240㎜ダブルディスク・φ200㎜ディスク
●タイヤサイズ 前・後 :120 / 70 ZR 17・160 / 60 ZR 17
●カラーバリエーション:パールグレッシャーホワイト、パールミラレッド、マットブラックメタリックNo. 2
●価格:73万8,720円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.