ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!

5月13日(土)に、東京は八王子にある中央大学多摩キャンパス内で「モーターサイクルフェスティバルby中央大学二輪愛好会&Honda」が開催された。中央大学二輪愛好会が中心となり、安全運転教育に積極的なホンダモーターサイクルジャパンがサポートする形で行われたこのイベント。昨年の、東洋大学、群馬大学に続き、ホンダモーターサイクルジャパンが共催する大学のイベントは3回目となる。

当日の天気はあいにくの雨となってしまったが、そこは若くてバイク好き大学生の面々。中央大学の学生だけでなく、SNSで交流を持った帝京大学、東京情報大学、神奈川大学の学生が、雨にも負けず30人以上も参加した。

画像: 午前中は、本田技術研究所二輪R&Dセンター上席研究員の林さんによる、二輪車の開発に関する講和およびディスカッション。興味深い話に学生から質問も飛ぶ。

午前中は、本田技術研究所二輪R&Dセンター上席研究員の林さんによる、二輪車の開発に関する講和およびディスカッション。興味深い話に学生から質問も飛ぶ。

画像1: ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!

午前中の講話&ディスカッションがあり、午後からはライディングスクールを開催。ライディングスクールではベテランインストラクターの軽快なトークもあり、肩の力を抜いて実践テクニックを
学ぶことができる。2グループに分けて行われた実走カリキュラムでは、強い雨の中、特設コースに挑戦。初めは濡れた路面で恐る恐る走っていた参加者たちも、どんどんと滑らかにクリアしていく姿を見せる。素直で熱いバイク好きの若者たちと、安全運転教育の効果を目の当たりにできたイベントとなった。

画像: 参加学生の愛車は、現行モデルもいれば、おじさま世代が反応してしまう絶版車、外国車まで様々。バイク離れなんてどこ吹く風だ。

参加学生の愛車は、現行モデルもいれば、おじさま世代が反応してしまう絶版車、外国車まで様々。バイク離れなんてどこ吹く風だ。

画像2: ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!
画像: RC213VSを特別に展示。会場でエンジンをかけると「おぉ〜!」と、それまでにない盛り上がりを見せる参加大学生たち。

RC213VSを特別に展示。会場でエンジンをかけると「おぉ〜!」と、それまでにない盛り上がりを見せる参加大学生たち。

画像: 最後に用意されていたホンダのNEW モデル体験試乗会。X-ADVやレブル250など、超最新機種から、生産終了がアナウンスされたモンキーまで揃う豪華な内容。

最後に用意されていたホンダのNEW モデル体験試乗会。X-ADVやレブル250など、超最新機種から、生産終了がアナウンスされたモンキーまで揃う豪華な内容。

画像3: ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!
画像4: ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!
画像5: ホンダと大学がコラボしたバイクイベント第三弾!
画像: 中央大学二輪愛好会、会長の福島さん(左)と、広報の正田さん。日々の学業に加え、ホンダモーターサイクルジャパンや大学との打ち合わせやSNSでの情報拡散など、開催に向けて尽力した。

中央大学二輪愛好会、会長の福島さん(左)と、広報の正田さん。日々の学業に加え、ホンダモーターサイクルジャパンや大学との打ち合わせやSNSでの情報拡散など、開催に向けて尽力した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.