5月27日から6月9日にかけてイギリスの王室属領・マン島にて開催されていたオートバイ・レース「マン島TT」のシニアTTレースクラスにおいてスズキ株式会社のイギリス子会社、スズキGB社が支援するレースチーム「ベネッツ・スズキ」のマイケル・ダンロップ選手が、スズキのスーパースポーツバイク新型「GSX-R1000」で優勝しました。

画像: スズキ新型GSX-R1000がマン島シニアTTレースクラスで優勝

マン島TTは、1907年から行われている歴史ある二輪車の公道レースである。今年は、排気量や車両
タイプ別に9つのレースが開催されました。このうちスズキが優勝したシニアTTレースクラスは、1911年より開催されている最も名誉のあるレースです。

最終日の6月9日に開催されたレースにおいて今年、全面改良した新型「GSX-R1000」で参戦したダンロップ選手は、スタート後1周目からトップに立ち、2位以降を徐々に引き離して独走状態に入り、2位に13秒以上の差をつけてチェッカーフラッグを受けた。
スズキは、マン島TTにおいて1962年に50ccTTレースクラスで初優勝して以来、数々の勝利を獲得
してきた。「GSX-R1000」での優勝は2008年に2つのレースクラスで優勝して以来、9年振りとなります。また、シニアTTレースクラスでは2004年以来、13年ぶりの優勝となり、新型「GSX-R1000」の性能の高さを証明する結果となりました。

画像: ライダーのマイケル・ダンロップ選手

ライダーのマイケル・ダンロップ選手

レース結果
順位 ライダー           タイム
1 位 マイケル・ダンロップ(スズキ) 1時間9分24.711秒
2 位 ピーター・ヒックマン(BMW) 1時間9分38.031秒
3 位 ディーン・ハリソン(カワサキ) 1時間9分48.216秒

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.