新しい足回りと熟成エンジンで格段の扱いやすさも手に入れた

多くのメーカーが600クラスのスーパースポーツから撤退する中、YZF-R6は今年モデルチェンジした数少ない最新モデル。これまでのR6の特徴と言えば、ミドルスーパースポーツの中でも特にスパルタンな走り。まずエンジンは1万6000回転まで常用できる超高回転型。そのパワーバンドの中心も1万2000回転以上。回すと非常にパワフルで、その時のエンジン音はまるで金切り声のようなエキサイティングさで、直4の高回転サウンド好きにはたまらないものだ。

画像1: 新しい足回りと熟成エンジンで格段の扱いやすさも手に入れた

だが、さすがにそんな高回転域を扱うのは難しい。峠道はもちろん、タイトなサーキットでもパワーバンドを上手く使うのが至難の業。速度維持が難しい登りのタイトコーナーだと、1速から2速にシフトアップする際にパワーバンドから外れたりした。足回りも、高荷重を掛けたとき、つまりかなりハードなライディングをしたときに初めて最高の旋回性を発揮するようなセッティングだった。

そんな、ある意味クセの強いR6だが、フレームとエンジンの基本レイアウトは今度の新型でも受け継いでいるため、基本的な性格が変わっていないと思う人も多いと思う。ちなみに、外観は現行のR1調の洗練された姿へと刷新され、前後の足回りもそのR1のSTDモデルと同系列のカヤバ製になった。

この足回りが走りを大きく変えていた。加えて、エンジンの性格もいい塩梅でマイルドになっている。かなりピーキーなエンジンなのは同じだが、パワーバンドは1万回転からとなり、1万2000回転で一段と強力になる。パワーの核はタコメーター読みで1万4000~1万5000回転にあり、伸びはレッドゾーンの1万6000回転まで続く。

ココを使っていれば、新型はサーキットだって峠道だって意のまま。旧型だとシフトアップの際に半クラを使わないといけないような場所でも普通にシフトアップができ、2速で駆け足したり、3速で流す事もできる。6速100㎞/hは5500回転だが、そこでも何不自由なくクルーズできる。

画像2: 新しい足回りと熟成エンジンで格段の扱いやすさも手に入れた

そう、新型は「普通に使える」扱いやすさを手に入れたのだ。しかもハンドリングが熟考され進化している。250スポーツのように小さく勝手に曲がり込むタイプではないが、ペースに関係なく、自分の意志で意のままに曲がれる従順さが生まれた。旧型の神経質さは消えたのだ。それにこれまでより何倍も路面の荒れに強く、足まわりがひとグレード上がったようなスタビリティもある。

エキサイティングなエキゾーストノートや使いこなしている事を実感できる操縦感覚も健在だが、これまでのあまりに過激過ぎて使いずらかった部分が新型ではマイルドになり、より完成度を増しているのだ。

それでも、尖りに尖った600ccスーパースポーツの貴重な生き残りモデル。レプリカマニアを自負するライダーは、一度乗っておいた方がいい1台である。

画像: スタイリングは、レースでのポテンシャルを追求した現行YZF-R1の"次世代のR-DNA"イメージを取り入れた、闘うために生まれたRシリーズらしいレーシーな新作デザイン。

スタイリングは、レースでのポテンシャルを追求した現行YZF-R1の"次世代のR-DNA"イメージを取り入れた、闘うために生まれたRシリーズらしいレーシーな新作デザイン。

SPECIFICATIONS
 
全長×全幅×全高 2040×695×1150㎜
ホイールベース 1375㎜
最低地上高 130㎜
シート高 850㎜
車両重量 190㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 599㏄
ボア×ストローク 67×42.5㎜
圧縮比 13.1
最高出力 118.4PS/14500rpm
最大トルク 6.3㎏-m/10500rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 17L
キャスター角/トレール 24度/97㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ダブルディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

DETAIL

画像: 従来型R6の高回転型エンジンからさらなるポテンシャルを引き出すべく、トラクションコントロールとクイックシフターを新たに採用。

従来型R6の高回転型エンジンからさらなるポテンシャルを引き出すべく、トラクションコントロールとクイックシフターを新たに採用。

画像: Φ43㎜のKYB製倒立フロントフォークはYZF-R1用と同じもので、セッティングのみを変更。フロントブレーキもYZF-R1と同タイプのものだ。

Φ43㎜のKYB製倒立フロントフォークはYZF-R1用と同じもので、セッティングのみを変更。フロントブレーキもYZF-R1と同タイプのものだ。

画像: リアサスペンションには新設計のピギーバックタイプのKYB製ユニットを採用。リアブレーキキャリパーは軽量な新タイプとなった。

リアサスペンションには新設計のピギーバックタイプのKYB製ユニットを採用。リアブレーキキャリパーは軽量な新タイプとなった。

画像: 2本の導光体を織り込んだLEDポジションランプとヘッドライトもYZF-R1的。レーサー的な雰囲気を強く感じさせる表情を見せる。

2本の導光体を織り込んだLEDポジションランプとヘッドライトもYZF-R1的。レーサー的な雰囲気を強く感じさせる表情を見せる。

画像: シートレールをスリムなCFマグネシウムダイキャスト製に変更してスリム化。大きな開口部を持つテールカウル周りのデザイン処理もR1譲り。

シートレールをスリムなCFマグネシウムダイキャスト製に変更してスリム化。大きな開口部を持つテールカウル周りのデザイン処理もR1譲り。

画像: シートを新設計、乗車位置の自由度を増やしながら上面の傾斜をなだらかにして、優れたホールド性に加えて足着きやフィット感も向上。

シートを新設計、乗車位置の自由度を増やしながら上面の傾斜をなだらかにして、優れたホールド性に加えて足着きやフィット感も向上。

画像: 1万8000回転スケールのアナログタコメーターに多機能液晶パネルをビルトイン。タコメーターの6000rpmのところが「R6」と刻まれている。

1万8000回転スケールのアナログタコメーターに多機能液晶パネルをビルトイン。タコメーターの6000rpmのところが「R6」と刻まれている。

RIDING POSITION(身長:176㎝ 体重:68㎏)

バランスのいいライポジで、スポーティな走りでのホールドしやすさは見事。加速では腰が自然に止まり、減速では腕に無駄な力が乗らない。下半身だけでなく上体、胸、肘まで総動員した全身ホールドも自然にやってのけられる。その分、街での快適さは二の次だ。

画像1: RIDING POSITION(身長:176㎝ 体重:68㎏)
画像2: RIDING POSITION(身長:176㎝ 体重:68㎏)

ニューモデルの試乗レポート満載! オートバイ7月号は現在発売中!

オートバイ 2017年7月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-06-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.