車輪までも追加された八百の搭乗車

イギリスのオートバイメーカーであるノートン。1898年の創業当初は自転車メーカーだったが、1902年にはエンジンを搭載したオートバイの製造を手掛けるようになる。戦前からマン島TTなどのさまざまなレースで活躍し、第二次世界大戦中には軍用オートバイを大量に供給するなど、その技術は古くから高く評価されていた。戦後もノートン・マンクスに代表される、フェザーベッドフレームによる優れたハンドリングを備えたレーシングマシンや、そのイメージを引き継いだカフェレーサーが人気を集める。しかし経営は安定せず、1950年代から会社としての体制が二転三転することになる。

そんな中、起死回生を図るモデルとして開発されたのが1969年にデビューしたノートン・コマンド750だった。アトラス750用がベースのOHV2バルブヘッドを備える745cc空冷並列2気筒エンジンとミッション、スイングアームまでを一体構造とし、メインフレームとの結合に特殊なゴムを使用したラバーマウントを介するという、独特のアイソラスティックフレームを採用。大排気量の2気筒エンジンでは避けられない振動を大幅に低減、さらなるハンドリングの向上とパワーアップを可能とした。ワイルド7の作中で八百が乗っていたマシンがこのコマンド750。ファストバックと呼ばれたスタンダードモデルの他、プロダクションレーサー版も含め多彩なバリエーションが存在したが、アップマフラーを装着していることから見てスクランブルスタイルのコマンド750Sがベースとなっていると思われる。

画像: (C)望月三起也

(C)望月三起也

画像: NORTON COMMAND0 750S

NORTON COMMAND0 750S

《INDEX》
●「THE ART GALLERY」
~カラー生原画で愉しむ あの名シーンが蘇る!~
●「ワイルド メンバーズ」
~ヒーロー&ヒロインの特技&特徴を徹底解説~
●「ワイルド対談 完全ノーカットバージョン」
~望月三起也 × 東本昌平~
●「MACHINES of WILD」
~飛葉CBからユキのドゥカティまで~
●「GUNS of WILD」
~ウッズマン、パイソン、重機関銃を網羅~
●「CARS of WILD」
~メンバー&悪党の4輪カタログ実車版~
●「家族が語る望月三起也」
~アトリエで聞く先生の想い出~
●「悪党図鑑」
~最凶&最悪のワースト7決定!~
●「殉職のワイルド」
~鮮烈な印象を残した隊員たちの最期の瞬間~
●「植物園の決闘」
~伝説のエピソードをカラー生原稿で!~
———————
望月三起也先生の「ワイルド7」。
人生の美学、仲間と友情、粋と艶、逆境と逆襲、ガン&マシン、スピード&スリル、クール&ホット、そして、男の死に様。その全てを描き切った、永遠不滅のマスターピース。

お陰さまで好評発売中!「ワイルド7」ファンブック

ワイルド7 ファンブック (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2017-05-31)
売り上げランキング: 143
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.