満を持して投入された、ホンダ渾身の4気筒ヨンヒャク

CB400FOURが期待よりも売れなかった理由を、ホンダは暴走族問題や環境問題など、当時は2輪車には厳しい状況だったゆえ、と分析していた。そして後を継いだホーク系2気筒は、免許制度改定で生まれた400㏄クラスのマーケットで成功と呼べるレベルの売り上げを記録した。だが400㏄クラスのマーケットにカワサキがZ400FXを投入し、続いてヤマハXJ400、スズキGSX400Fが登場した結果、このクラスで初の4気筒を手がけたホンダだけが、そのコマを持たない状況になってしまったのである。他メーカーの4気筒車が大人気を博するなか、ホンダは当時の持てる技術のすべてを結集して、先行するライバルを蹴散らすべく新型400㏄4気筒を開発。その結実こそが、CBX400Fであった。

画像1: 満を持して投入された、ホンダ渾身の4気筒ヨンヒャク

クラス最高の48馬力をマークする399㏄の4気筒DOHCエンジンは、当時としてはバルブ挟み角が狭い4バルブのレイアウトを採用。カムシャフトの駆動にはサイレントチェーンを仕様し、メンテナンスの容易さからバルブ駆動にはロッカーアームを介する方式を採用していた。

車体は、このクラスのオンロードスポーツとしては初めて、ボトムリンク式のプロリンクサスペンションをリアに採用。中空のアルミダイキャスト製スイングアームは、世界初の技術であり、いかにホンダがこのCBX400Fに力を入れて開発していたかを、示すひとつの例だった。

またホンダは、CBX400Fの発売と同時に、SS400という新しいプロダクションレースを企画し、RS400RというCBX400Fベースのレーサーを製作した(後にキットパーツとして販売)。この試みは、後の1980年代国内ロードレースブームの盛り上げのきっかけのひとつとなっている。なお後継のCBR400F登場後もCBX400Fを求める声は止まず、Ⅱ型として復刻版が1984年に発売されたことは、あまりに有名なエピソードだ。

画像2: 満を持して投入された、ホンダ渾身の4気筒ヨンヒャク
画像3: 満を持して投入された、ホンダ渾身の4気筒ヨンヒャク
画像4: 満を持して投入された、ホンダ渾身の4気筒ヨンヒャク
画像: プロリンク式リアショックの採用により、燃料タンク、サイドカバー、テールカウルが繋がったインテグラルデザインを実現。コンビネーション型テールランプ/ウインカーも、CBX400Fのスタイリングの個性だった。

プロリンク式リアショックの採用により、燃料タンク、サイドカバー、テールカウルが繋がったインテグラルデザインを実現。コンビネーション型テールランプ/ウインカーも、CBX400Fのスタイリングの個性だった。

DETAIL

画像: DETAIL
画像: Xを描くエキゾーストパイプ。このオイルクーラーは、オイルリザーバータンクという名称を持つが、その採用によりクランクケース下のオイルパンの小型化が可能になっていた。

Xを描くエキゾーストパイプ。このオイルクーラーは、オイルリザーバータンクという名称を持つが、その採用によりクランクケース下のオイルパンの小型化が可能になっていた。

画像: 個性的なインボードディスクは、鋳鉄製のベンチレーテッドディスクを内蔵。優れた効きを、安定して保つことが採用の目的であった。遠心ファンで、排熱するメカニズムを持つ。

個性的なインボードディスクは、鋳鉄製のベンチレーテッドディスクを内蔵。優れた効きを、安定して保つことが採用の目的であった。遠心ファンで、排熱するメカニズムを持つ。

画像: CBX400Fの顔と言える燃料タンク。容量は18Lを確保。なおソリッドカラーと2トーンカラー(写真)では、価格に1万5000円の差が設定されていた。

CBX400Fの顔と言える燃料タンク。容量は18Lを確保。なおソリッドカラーと2トーンカラー(写真)では、価格に1万5000円の差が設定されていた。

画像: TRACと名付けられたアンチダイブ機構は、国内向けオンロードモデルではこのCBX400Fが初採用。ブレーキはインボード式を前後に採用している。

TRACと名付けられたアンチダイブ機構は、国内向けオンロードモデルではこのCBX400Fが初採用。ブレーキはインボード式を前後に採用している。

画像: フレームはダブルクレードルを採用。ライダーとタンデム用のフートレストをアルミプレートにマウントする手法は、当時多くの国産メーカーが採用していた。

フレームはダブルクレードルを採用。ライダーとタンデム用のフートレストをアルミプレートにマウントする手法は、当時多くの国産メーカーが採用していた。

画像: 速度計と回転計の間に、燃料計を配置したメーターまわり。フロントフォークはエア加圧式で、インナーチューブトップには、そのエアバルブを見ることができる。

速度計と回転計の間に、燃料計を配置したメーターまわり。フロントフォークはエア加圧式で、インナーチューブトップには、そのエアバルブを見ることができる。

SPECIFICATIONS
エンジン型式 空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 399㏄
内径╳行程 55.0╳42.0㎜
圧縮比 9.8
最高出力 48PS/11000rpm
最大トルク 3.4㎏-m/9000rpm
燃料供給方式 キャブレター[VE50A]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2060㎜
全幅 720㎜
全高 1080㎜
軸間距離 1380㎜
車両重量 189㎏
キャスター/トレール 26°/97㎜
燃料タンク容量 17L
タイヤサイズ(前) 3.60-18
タイヤサイズ(後) 4.10-18
当時価格 47万(ソリッドカラー)/48万5000円(ツートーンカラー)

This article is a sponsored article by
''.