「デハ101RIDEバージョン」が疾走します!

群馬県前橋市大胡電車庫内にて、6月10日開催の「RIDE集会@デハ101」では、日本に現存する中でも極めて古い、とても貴重な旧型電車である「デハ101」の貸し切り走行を行ないます。

画像: オリジナルの「RIDEヘッドマーク」を装備したデハ101。これが疾走るんです!

オリジナルの「RIDEヘッドマーク」を装備したデハ101。これが疾走るんです!

画像: 「デハ101」は、昭和3年(1928年)弊社開業当時から走っている車両で、全長約16m、幅約2.7m、高さ約4m、車軸と台車枠の間にモーターが橋渡しされ、吊り掛ける形になっていることから、「吊り掛け式」と呼ばれ、うなるような独特の低駆動音が客室に直に伝わります。車内も当時を思わせる木製の窓枠で、床などのデザインも昭和初期を思わせる木貼りであることから、鉄道ファンならずとも乗車する人々を魅了しております。現在、営業線を走る電車として「日本で最古の車両」と言われております。

「デハ101」は、昭和3年(1928年)弊社開業当時から走っている車両で、全長約16m、幅約2.7m、高さ約4m、車軸と台車枠の間にモーターが橋渡しされ、吊り掛ける形になっていることから、「吊り掛け式」と呼ばれ、うなるような独特の低駆動音が客室に直に伝わります。車内も当時を思わせる木製の窓枠で、床などのデザインも昭和初期を思わせる木貼りであることから、鉄道ファンならずとも乗車する人々を魅了しております。現在、営業線を走る電車として「日本で最古の車両」と言われております。

定員は先着50名!

乗車料金はひとり3000円です。
同時に、予約制の「車庫弁」という特製お弁当(お茶付き1000円)の申し込みも受け付けます。
受付期間は5月21日(日)まで!
定員は50名、先着順とさせていただきます。
運行時間は、13時30ころ会場である大胡電車庫を出発、16時ごろに戻ってくる、という予定です。

乗ってみたい!という方は件名を「6月10日RIDE集会デハ101貸し切り走行申し込み」として、本文に住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレス・弁当希望の有無を明記、以下のアドレスまでお送りください。


*受付完了・乗車可否のお知らせメールが返ってくるので、携帯電話でドメイン指定受信を設定している場合は、「Joden02@jomorailway.com」からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。

ご応募お待ちしています!

画像: 集会会場である、大胡電車庫内から出発します。 走行ルートは大胡駅を出発して中央前橋駅に向かい、折り返して西桐生駅から大胡駅に戻るルートです。

集会会場である、大胡電車庫内から出発します。
走行ルートは大胡駅を出発して中央前橋駅に向かい、折り返して西桐生駅から大胡駅に戻るルートです。

画像: デハ101の中はこんな感じ。歴史を感じさせる内装です。

デハ101の中はこんな感じ。歴史を感じさせる内装です。

画像: こちらは「車庫弁」です!

こちらは「車庫弁」です!

画像: ここでしか食べられない限定弁当になっています。

ここでしか食べられない限定弁当になっています。

スペシャルワッペンも販売します!

画像: スペシャルワッペンも販売します!

当日の会場では、デハ101RIDE号のヘッドマークと同じデザインのワッペンも販売します!

RIDE集会078@デハ101

日時:2017年6月10日(土)
場所:大胡電車庫内
群馬県前橋市茂木町138-1
11時30分ごろ集会スタート、
12時ごろに集合写真を撮影予定。

みなさまのご参加、全力でお待ちしております!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.