仕上がりはさておき、周囲に迷惑をかけずスプレー塗装できます!

5月の「DE耐!」を前に、本誌ミニバイク部のグロム(レースベース車)も心機一転、スプレー缶でのオールペンにチャレンジしてきました。塗装の世界がいかに奥深いものかは重々承知しながらも、「簡単にカッコよくしたいよね!」という我々の意思は固いです。バイクはある、スプレーは用意した、さてどうしよう…という話になったのですが、いまは便利なレンタル塗装ブースなるものがあるんです。

というわけで、今回向かったのは神奈川県横浜市の「レンタルピット サンエース」。ここはメンテナンスやカスタム用の作業スペースのほかに、塗装ブースまで用意されているレンタルガレージで、かなりの遠方からも利用者が訪れるという人気スポット。塗装ブースを貸してくれるところは結構あるんですが、塗料の持ち込みはNGってところが多い中、サンエースさんは塗料の持ち込み可。むしろ調合とか大変だから、自分で塗料は持ってきてくださいってスタンスなんです(オススメの塗料店も教えてくれます)。

塗りたいパーツ(レンタルは時間制なので、下地は事前に作業しておいた方が良いです)と、スプレー缶を持ち込むだけという手軽さですし、ここなら飛散した塗料で周囲を汚す心配もありません。これは、初めての塗装には最適かもしれませんね。ただ、塗装当日は寒くて、外は大雨(湿度が高い)という、塗装に詳しい人に言わせると「素人が塗っちゃいけない日」だったそうなんですが…。

ちなみに、今回使用したのはデイトナの「耐ガソリンペイント マットカラースプレー」。「マットレッド」「マットブルーグレー」「マットブラック」の3色を組み合わせて、グロムをオールペン。マットの風合いもイイ感じです!

画像: 手軽にマット塗装ができるデイトナの新製品「耐ガソリンペイント マットカラースプレー(3078円/NET.315㎖)」。ほとんどの塗装面に使用可能なのは嬉しいポイント。2液式ウレタン塗料。

手軽にマット塗装ができるデイトナの新製品「耐ガソリンペイント マットカラースプレー(3078円/NET.315㎖)」。ほとんどの塗装面に使用可能なのは嬉しいポイント。2液式ウレタン塗料。

画像: 最初から最後まで若手2名でチャレンジ。2人が来ているビニールツナギは、ホームセンターで1着500円ほどで購入したもの。

最初から最後まで若手2名でチャレンジ。2人が来ているビニールツナギは、ホームセンターで1着500円ほどで購入したもの。

画像: 「ゼッケン部分は塗り分けよう!」という思いつきで、初めてのマスキングに挑戦する国友愛佳ちゃん。美大卒のキャリアが活きた瞬間です。

「ゼッケン部分は塗り分けよう!」という思いつきで、初めてのマスキングに挑戦する国友愛佳ちゃん。美大卒のキャリアが活きた瞬間です。

画像: 執拗にアンダーカウルを塗り続ける愛佳ちゃん。結果、かなり重量感のある仕上がりに…。

執拗にアンダーカウルを塗り続ける愛佳ちゃん。結果、かなり重量感のある仕上がりに…。

画像: 仕上がりはさておき、周囲に迷惑をかけずスプレー塗装できます!
画像: 塗装後はある程度乾燥させ、パーツを車に積んで帰ってきました。

塗装後はある程度乾燥させ、パーツを車に積んで帰ってきました。

ちなみに、レンタル塗装ブースの料金は1時間2000円、手伝いは1人につき1時間500円。塗装ガンのレンタルも1日1500円でおこなっているとのこと。

塗装前の下地作りは、もっとも重要らしいです

実際の塗装は、サンエースに行く前に耐水ペーパーで磨いたり、サフェーサーを吹いたりと、下地作りを行ってからいきました。担当していたのは、モデルの小野塚クン。別件の撮影終わりに、一人で頑張っていました。手間のかかる作業です。

画像: 塗装前の下地作りは、もっとも重要らしいです
画像: 本誌では未掲載の下地作りの様子。これが一番大変なんですけどね。

本誌では未掲載の下地作りの様子。これが一番大変なんですけどね。

仕上がりはこちら!

このバイクは5月7日にツインリンクもてぎで開催される「DE耐!」に参戦予定。当日参加される方、一緒に頑張りましょうねぇ〜。

画像: 仕上がりはこちら!

取材協力:レンタルピット サンエース(TEL.045-383-1934)

塗装以外でも作業スペースと工具を時間単位でレンタルできる貸ガレージ。施設利用料は平場のガレージが1時間1000円、塗装ブースは1時間2000円(手伝い、見学は1人につき1時間500円)となっている。詳細はHPで御確認を。

HRCグロムで始めるサーキット走行体験記「遅くて悪いか!」は、月刊オートバイで連載中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.