一番人気はマットガンパウダーブラックメタリック!

5月12日に発売予定のホンダCBR250RRが大変なことになっています! 4月18日に国内発売の正式なアナウンスがあったのですが、その後の3日間で年間販売計画台数3,500台を上回る3,714台(4月21日時点)を受注したとのこと。これは驚異的な数字です!

※HONDAリリースより
 
「CBR250RR」の受注状況について
 
4月18日(火)に発表した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のHonda二輪車正規取扱店からの受注状況は、発表後の3日間で年間販売計画台数3,500台を上回る3,714台(4月21日時点)と、好調な立ち上がりとなりました。
 
CBR250RRは「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて※採用するなど、新世代の軽二輪スーパースポーツモデルとして、20代から30代の男性を中心に、高い支持を得ています。
 
※Honda調べ(2017年4月現在)

画像: CBR250RR(マットガンパウダーブラックメタリック)

CBR250RR(マットガンパウダーブラックメタリック)

スタイル、エンジン、「スロットル・バイ・ワイヤシステム」などが人気の理由!

国内の250ccロードモデルとしては、高級グレードとも言えるCBR250RR。スタンダードモデルは75万6000円〜、ABSモデルは80万6760円という価格設定にも関わらず、これだけの人気ですから、ユーザーは納得できるモデルならば、比較的高価なモデルでも購入に踏み切るという、良い例になったかもしれません! というわけで、CBR250RRは欲しいけど、とりあえず様子見、なんて考えていた方は、早めに決断した方が良いかも。

それにしても、これからの注文だと、納車はいつ頃になるんでしょうね?

車体色別構成比

画像: マットガンパウダーブラックメタリック 45%

マットガンパウダーブラックメタリック 45%

画像: ヴィクトリーレッド 39%

ヴィクトリーレッド 39%

画像: ソードシルバーメタリック 16%

ソードシルバーメタリック 16%

タイプ別構成比

スタンダードタイプ 51%
ABS搭載タイプ 49%

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.