ファンの心理を突くオーセンティックなNEWカラー

カラーリング、グラフィックだけで「それ」とわかるのが名車。その意味で、ヤマハの歴史を彩る名車の一台が、1980年デビューのRZ250だろう。このXSR900は、そのRZをリスペクトした、ヤマハ純正ワイズギア製ヘリテージ外装セット組み込み車だ。RZのイメージカラーと言える白×赤に続いて黒×金が発表されたもので、大阪/東京モーターショーでもベテランライダーの心をキュンキュンに撃ち抜き、注目を浴びていた。

そして、この外装セット『XSR900 ヘリテージ外装セット RZブラック』の発売が決定した。2017年6月30日までの期間限定で予約を受け付け、7月より順次注文した人の元へと届く。外装キット内容は、1)フューエルタンクカバー、2)サイドカバー、3)フロントフェンダー、4)ヘッドライトボディ/リムのセットとなる。価格は税込14万5800円(取り付け工賃は別途必要)。

画像1: ファンの心理を突くオーセンティックなNEWカラー
画像2: ファンの心理を突くオーセンティックなNEWカラー
画像: ヘッドライトボディ/リム

ヘッドライトボディ/リム

画像: フューエルタンクカバー

フューエルタンクカバー

画像: サイドカバー

サイドカバー

画像: フロントフェンダー

フロントフェンダー

「XSR900 ヘリテージ外装セット RZブラック」のモチーフはYAMAHA RZ250/350。GKダイナミックスがデザインを手がけ、この外装セットをXSR900に装着することで2ストロークマシンの軽快なイメージを注入し、1980年代の「RZ250/350」テイストを楽しむことができる。外装セット以外のアクセサリー、ゴルードホイールセット、 KYBサスペンション、 プラナスフルエキゾーストマフラー、LEDウィンカーブラック、 デザインシートウルトラスエード 、フェダーレスキット、ラジエターコアガードSBは別売りだが、購入することが可能となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.