BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成

 今年の東京&大阪モーターサイクルショーにも出展され、発売間近かと期待が高まっていた新型スクランブラースタイルモデル、ヤマハSCR950 ABSが国内発売することが決定した。
 ヤマハSCR950 ABSは“Tough Explorer”をコンセプトに、定評のあるヤマハの空冷Vツインエンジンを搭載し、アップライトなライディングポジションを採用。1960年代の"スクランブラー"を思わせるスタリングを再現したモデルだ。ゼッケン風サイドカバーや前後スポークホイール、クロスバー付き幅広ハンドルやフォークブーツの専用セッティングフロントサスペンションなど、細部へのこだわりが感じられる。また、そのカラーリングもヴィンテージ感を漂わせ、スクランブラーの味わいを表現している1台だ。
 発売日は2017年5月25日で、価格は税込み106万560円。日常を冒険に変えてくれるスクランブラースタイルのヤマハSCR950 ABS。これからの相棒にいかがだろうか。

画像: ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)

ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)

画像: 941ccの空冷4ストローク・60度V型2気筒・4 バルブFIエンジンを搭載。FIは点火時期・噴射マップの最適化を図っており、都市部周辺での低中速からの優れた加速性に貢献している。

941ccの空冷4ストローク・60度V型2気筒・4 バルブFIエンジンを搭載。FIは点火時期・噴射マップの最適化を図っており、都市部周辺での低中速からの優れた加速性に貢献している。

画像: ダンピング特性を専用セッティングし、ガス分離加圧のリザーバータンクを装着したリアサスペンション。軽量アルミリムを持つスポークホイールと組み合わせたブロックパターンタイヤを採用している。

ダンピング特性を専用セッティングし、ガス分離加圧のリザーバータンクを装着したリアサスペンション。軽量アルミリムを持つスポークホイールと組み合わせたブロックパターンタイヤを採用している。

画像1: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成
画像2: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成
画像3: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成
画像: ビビッドレッドカクテル1(レッド)

ビビッドレッドカクテル1(レッド)

画像4: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成
画像5: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成
画像6: BOLTをベースに新設計リアフレームで独特のスタイルを完成

YAMAHA SCR950 ABS
全長/全幅/全高 2,255mm/895mm/1,170mm
シート高 830mm
軸間距離 1,575mm
最低地上高 145mm
車両重量 252kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値定地燃費値 *2 31.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 *3 21.2km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
舗装平坦路燃費 *4 -
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 V型, 2気筒
総排気量 941cm3
内径×行程 85.0mm×83.0mm
圧縮比 9.0:1
最高出力 40kW(54PS)/5,500r/min
最大トルク 80N・m(8.2kgf・m)/3,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.30L
燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,11.2Ah(10HR)/YTZ14S
1次減速比/2次減速比 1.674/2.333
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速:3.066 2速:2.062 3速:1.578 4速: 1.259 5速:1.041
フレーム形式 ダブルクレードル
キャスター/トレール 29°00′/130mm
タイヤサイズ(前/後) 100/90-19M/C 57H(チューブタイプ)/ 140/80R17M/C 69H(チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
乗車定員 2名

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.