ダンロップ・オートバイ杯ジムカーナの2017年シーズンがついに開幕、3月26日に茨城県下妻市の筑波サーキット・ジムカーナ場で第1戦が開催された。

画像1: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦

この日の天候は数日前から雨と予報されていたが、選手が集まり始めるころには早朝に降った雨が上がり、徐々に路面が乾いていくという状況で、スタッフ、選手ともにホッと胸をなでおろすことに。そして各地から集まった選手が、雨を想定したテクニカルな設定のコースで今シーズン初のタイムアタックを開始する。しかしその第1ヒートの途中、C1級の走行あたりから再び雨がパラつきはじめ、それほど雨脚は強くないものの刻々と路面コンディションが悪化。せめて第1ヒートだけでもドライに近い状態でという願いも虚しく、最高峰のA級のころには完全なウエットコンディションとなってしまう。しかも第2ヒートは完全なレインコンディションで大きなタイム向上は望めなかったため、この日の総合トップは普段なら総合上位を争うA級のライダーではない、というオートバイ杯史上初の雨による大波乱となった。

画像2: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦

ドライからウエットへと変化していく路面の中で、絶妙のタイミングで最高のパフォーマンスを見せてトップタイムを記録したのがB級・中嶋秀和選手&TZR250R、タイムは1分33秒083。「こんなコンディションだったから、たまたま」というが、微妙に濡れ始めた路面の中でギリギリ攻めた走りを決めたからこその勝利。もちろん中嶋選手ははじめての総合優勝で、B級による総合優勝ということで見ても1992年からのオートバイ杯の歴史の中でも4人目となる快挙だ。

画像3: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦

総合2位もB級で、1分33秒623をマークした市村直生選手&WR450F。しかし市村選手のこのタイム、実はパイロンタッチによるペナルティで1秒加算を受けてのもので、加算前の生タイムは32秒台! 中嶋選手を大きく上回る速さを見せていたことが分かるだけに、痛恨の2位というべきか。なお、1位、2位がB級で占められたのはオートバイ杯史上初のこと。

画像4: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦

総合3位はA級、角谷岳司選手&NSR80改でタイムは1分34秒459。12インチのレーシングレインが使えるミニバイクだとはいえ、完全ウエットの第2ヒートでこのタイムを叩き出してA級の意地を見せた。

画像5: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦
画像6: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦
画像7: 曇のち雨、2017年開幕戦は大波乱! オートバイ杯ジムカーナ第1戦

4位もB級、卯辰哲也選手&SM510Rでタイムは1分34秒564。3位の角谷選手とのタイム差は0.2秒を切る僅差! 5位のA級・大越研二選手&GSX-R750のタイム1分34秒631は、第1ヒートのタイムでしかもペナルティによる1秒加算を受けながらもA級トップというタイム。第2ヒートも雨の中でタイム更新を狙って全開でアタックを掛けたが、惜しくも転倒でタイム更新ならず。6位はA級・富永崇史選手&NSR250R。第2ヒートのレインコンディションの中では、昨年ランキング2位、最多勝のトップライダーをもってしても第1ヒートからタイムを1秒半近く削り取る1分34秒719を出すのが精一杯だった。

画像: B級入賞者。

B級入賞者。

画像: A級入賞者。

A級入賞者。

この日の総合上位10台の結果は以下の通り。
1位 中嶋秀和(B級) TZR250R 1'33.083
2位 市村直生(B級) WR450F 1'33.623
3位 角谷岳志(A級) NSR80改 1'34.459
4位 卯辰哲也(B級) SM510R 1'34.564
5位 大越研二(A級) GSX-R750 1'34.631
6位 冨永崇史(A級) NSR250R 1'34.719
7位 清野雅之(B級) CBR600RR 1'35.185
8位 関吉美智(C1級) GSX-R1000 1'35.293
9位 渡邊敏正(B級) CRF250L 1'35.560
10位 古藤雅啓(C1級) GSX-R750 1'36.089

オートバイ杯ジムカーナ第1戦のレポートは月刊オートバイ誌上に掲載予定。全クラスのリザルト、各地のジムカーナイベント日程など、二輪ジムカーナ関連の情報はオートバイ杯の運営を担当するJAGE(二輪ジムカーナ主催者団体協議会)のホームページで確認できる。

JAGE(二輪ジムカーナ主催者団体協議会) http://jage.jpn.org/claro/index.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.