ZZRの血統を受け継ぐ正統派ミドルスポーツツアラー

メガスポーツの元祖ともいえる初代ZZR1100がデビューした1990年、1100のコンセプトを400㏄クラスに持ち込んだミドルサイズのスポーツツアラーとして同時にデビューしたのがZZR400だ。このZZR400、カワサキがZ400FXやGPZ400Rなど、過去の400㏄モデルの開発で多用してきた500〜600㏄モデルの排気量縮小という形で開発されていて、ベースとなったのは輸出モデルのZZR600だった。

そのため400㏄クラスとしてはやや大柄な車格となっているが、その代わり安定感の高さや防風効果の高いカウルなどによって、スポーツツアラーに求められる快適さは上位モデルのまま。

ボア・ストロークを変更して400㏄化された専用設計のエンジンながらも、最高出力58PSという力強いパワーによる必要充分な動力性能も備えていて、400㏄らしからぬ扱いやすく快適なスポーツツアラーとなっている。

デビュー後、1993年に馬力自主規制の変更によるエンジンの改良と、ZZR1100と同じくツインラムエアシステムを採用するモデルチェンジを受ける。

さらに毎年のように完成度を高めた結果、根強い支持を集めるようになる。最終的には2007年まで17年あまり販売されるロングセラーとなり、多くのライダーから愛される存在になった。

画像: ZZRの血統を受け継ぐ正統派ミドルスポーツツアラー
画像: スタイリングはZZR1100をそのままスケールダウンしたかのような、流麗で機能的なフルカウルが特徴。1993年のモデルチェンジでも、ZZR1100のD型に準じたツインラムエアインテークが目立つスタイルを採用している。

スタイリングはZZR1100をそのままスケールダウンしたかのような、流麗で機能的なフルカウルが特徴。1993年のモデルチェンジでも、ZZR1100のD型に準じたツインラムエアインテークが目立つスタイルを採用している。

DETAIL

画像: フレームはアルミツインチューブ構造をベースに、エンジンを取り囲むようにクロスパイプが伸びるアルクロスフレーム。エンジンは写真の初期型では最高出力58PS。

フレームはアルミツインチューブ構造をベースに、エンジンを取り囲むようにクロスパイプが伸びるアルクロスフレーム。エンジンは写真の初期型では最高出力58PS。

画像: フロントホイール径は17インチ、タイヤサイズは120/60。ブレーキはダブルディスクで、キャリパーはトキコ製の対向4ポットが装着されている。

フロントホイール径は17インチ、タイヤサイズは120/60。ブレーキはダブルディスクで、キャリパーはトキコ製の対向4ポットが装着されている。

画像: 防風効果の高いスクリーンの背後には、視認性に優れるアナログ4連メーターパネルが。ハンドルはセパレートハンドルだが、バー位置は高くてポジション設定はアップライト。

防風効果の高いスクリーンの背後には、視認性に優れるアナログ4連メーターパネルが。ハンドルはセパレートハンドルだが、バー位置は高くてポジション設定はアップライト。

画像: マフラーが左右2本出しなのもZZR1100と共通イメージ。リアホイールも17インチ径で、タイヤサイズは160/60。リアブレーキキャリパーは片押し1ポッド。

マフラーが左右2本出しなのもZZR1100と共通イメージ。リアホイールも17インチ径で、タイヤサイズは160/60。リアブレーキキャリパーは片押し1ポッド。

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 398㏄
内径╳行程 57.5╳38.5㎜
圧縮比 11.2
最高出力 53PS/11000rpm
最大トルク 3.8㎏-m/9000rpm
燃料供給方式 キャブレター[CVKD30]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2070㎜
全幅 695㎜
全高 1175㎜
軸間距離 1430㎜
乾燥重量 195㎏
キャスター/トレール NA
燃料タンク容量 14L
タイヤサイズ(前) 120/60R17
タイヤサイズ(後) 160/60R17
当時価格 65万9000円

<ヨンヒャク今昔物語>はオートバイ2017年3月号に掲載!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.