今なお高い人気を誇るヨンヒャク・クルーザー

400㏄クルーザーの中でも人気モデルとして君臨するドラッグスター400がデビューしたのは1996年で、そもそもXV400ビラーゴの後継モデルとして開発されたモデルだった。

エンジンこそビラーゴ譲りの400㏄空冷Vツインを引き続き採用していたが、クルーザーの魅力であるエンジンの鼓動感を強調するために大幅に改良されたもので、これを搭載するのはビラーゴよりも大幅に低重心化され、リジッド風デザインのモノショック式リアサスを備えた新設計フレームで、クルーザーとは思えないようなスポーティなハンドリングと、扱いやすく快適な乗り味を両立。その低さを活かした流麗なロー&ロングスタイリングもあって、瞬く間にクルーザー市場で圧倒的な人気を集めるようになった。

1998年にはバリエーションモデルとして、重厚なイメージのスタイリングを与えたドラッグスタークラシック400を追加。2000年にマイナーチェンジを受けるがその人気は揺らぐことなく、2009年には基本的なスタイルやメカニズムはそのまま、エンジンをそれまでのキャブレター仕様からフューエルインジェクション仕様として、厳しさを増した排ガス規制をクリアする新世代モデルへと移行。デビューから20年を越え、今なお人気をキープし続けるロングセラーだ。

画像: 今なお高い人気を誇るヨンヒャク・クルーザー

DETAIL

画像: シリーズ共通の三角形を描くダブルクレードルフレームの前輪寄りにエンジンをマウント。これにより、車高を低く抑えながら1610㎜というロングホイールベースを持つ大柄な車体で、660㎜という低シート高も実現。

シリーズ共通の三角形を描くダブルクレードルフレームの前輪寄りにエンジンをマウント。これにより、車高を低く抑えながら1610㎜というロングホイールベースを持つ大柄な車体で、660㎜という低シート高も実現。

画像: 回転計と速度計の間には、ツーリング時などに便利な燃料計と、何速にギアが入っているかを乗り手に伝える、ギアポジションインジケーターが備わっていた。

回転計と速度計の間には、ツーリング時などに便利な燃料計と、何速にギアが入っているかを乗り手に伝える、ギアポジションインジケーターが備わっていた。

画像: 空冷Vツインならではの美しい造形、クルーザーらしい鼓動感、力強い低中速域のパワー特性とフラットなトルク特性による優れたドライバビリティを備えるエンジン。

空冷Vツインならではの美しい造形、クルーザーらしい鼓動感、力強い低中速域のパワー特性とフラットなトルク特性による優れたドライバビリティを備えるエンジン。

画像: フロントには19インチサイズの細身のスポークホイールに、Φ298㎜のシングルローターと異径2ポットキャリパーを装着。タイヤサイズは100/90だ。

フロントには19インチサイズの細身のスポークホイールに、Φ298㎜のシングルローターと異径2ポットキャリパーを装着。タイヤサイズは100/90だ。

画像: リアサスは一見リジッドに見えながらも、車体下にモノクロスサスペンションを備えている。駆動系は信頼性の高いシャフトドライブが採用されている。

リアサスは一見リジッドに見えながらも、車体下にモノクロスサスペンションを備えている。駆動系は信頼性の高いシャフトドライブが採用されている。

画像: 右側に配置された美しいメッキ仕上げのマフラーはクラシックと共通のもの。リアのスポークホイールは15インチ径で、タイヤサイズは170/80。

右側に配置された美しいメッキ仕上げのマフラーはクラシックと共通のもの。リアのスポークホイールは15インチ径で、タイヤサイズは170/80。

SPECIFICATIONS
エンジン型式 空冷4ストロークOHC2バルブV型2気筒
総排気量 399㏄
内径╳行程 68.0╳55.0㎜
圧縮比 9.7
最高出力 30PS/7500rpm
最大トルク 3.2㎏-m/6250rpm
燃料供給方式 フューエルインジェクション
変速機型式 常時噛み合い式5速リターン
全長 2340㎜
全幅 840㎜
全高 1065㎜
軸間距離 1610㎜
車両重量 234㎏
キャスター/トレール 35°/153㎜
燃料タンク容量 15L
タイヤサイズ(前) 100/90-19
タイヤサイズ(後) 170/80-15
価格 72万4000円

<ヨンヒャク今昔物語>はオートバイ2017年3月号に掲載!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.