専用設計のパニアケースは容量も十分!

車両の発売に合わせるように、アクセサリーパーツも豊富に用意されている。スモークタイプのウインドシールドや、ゲルシート、シングルシートカバーなどがラインアップされるほか、収納力を高めるロゴ入りのバッグ類も登場。

Ninja1000 ABSのシャープなデザインを崩すこと無く、快適性や利便性を高めるアイテムばかりなので、車両購入を考えるなら、用品のチェックもお忘れなく。

画像1: 専用設計のパニアケースは容量も十分!
画像: オプションではロゴ入りのタンクバッグ(写真)や、スマートバッグ(日本向けのみ)なども用意される。

オプションではロゴ入りのタンクバッグ(写真)や、スマートバッグ(日本向けのみ)なども用意される。

画像: アクセサリーの目玉とも言えるのが「クリーンマウントパニアシステム」。左右それぞれ28L容量のGIVI製パニアケースはカワサキロゴ入り。張り出しを抑えたデザインながら、フルフェイスヘルメットの収納も可能。イグニッションキーでパニアケースの解錠ができるワンキーシステムを採用。タンデムグリップとタンデムステップの所定の位置に差し込むだけで装着が可能だ。

アクセサリーの目玉とも言えるのが「クリーンマウントパニアシステム」。左右それぞれ28L容量のGIVI製パニアケースはカワサキロゴ入り。張り出しを抑えたデザインながら、フルフェイスヘルメットの収納も可能。イグニッションキーでパニアケースの解錠ができるワンキーシステムを採用。タンデムグリップとタンデムステップの所定の位置に差し込むだけで装着が可能だ。

画像: フルフェイスヘルメット2個を収納可能な容量47Lの大型GIVI製トップケースは、パニアケースと同様、ワンキーシステム。

フルフェイスヘルメット2個を収納可能な容量47Lの大型GIVI製トップケースは、パニアケースと同様、ワンキーシステム。

画像2: 専用設計のパニアケースは容量も十分!
画像: 万が一の転倒に備えながら、ドレスアップ効果も期待できるスライダー。

万が一の転倒に備えながら、ドレスアップ効果も期待できるスライダー。

画像3: 専用設計のパニアケースは容量も十分!
画像: ツーリングで便利なDC 電源(7.5A、20W まで)もラインアップ。

ツーリングで便利なDC 電源(7.5A、20W まで)もラインアップ。

画像4: 専用設計のパニアケースは容量も十分!

■主要諸元
車名(通称名) Ninja 1000 ABS
型式 2BL-ZXT00W
全長x全幅x全高 2100mm×790mm×1185mm(1235mm)※()内はハイポジション時
ホイールベース 1440mm
最低地上高 130mm
シート高 815mm
キャスター角 24.5°
トレール量 102mm
車両重量 235kg
エンジン型式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 1043cc
内径x行程 77.0mm×56.0mm
圧縮比 11.8:1
最高出力 141PS/10,000rpm
最大トルク 11.3kgf・m/7,300rpm
トランスミッション形式 常噛6段リターン
タイヤサイズ(前・後) 120/70 ZR17・190/50 ZR17
ブレーキ形式(前・後) φ300mmダブルディスク・φ250mmディスク
燃料タンク容量 19L

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.