ツアラー色の強かった先代からレプリカ路線へ

1986年に発売されたCBR400Rの後継モデルとして、1988年にNC23型のCBR400RRはデビューした。スポーツツアラー的な性格だったCBR400Rに対し、CBR400RRはカムギアトレインを採用した高回転型エンジンを搭載し、高剛性のアルミツインチューブフレームにプロリンクサスを組み合わせた、レーサーレプリカ色を前面に押し出したスポーティな造りのモデルとなった。

しかしホンダにはすでにレースでも大活躍して人気を集めているV4レーサーレプリカ・VFR400Rが存在するため、直4のCBRはレース色の薄いストリート向けレーサーレプリカという住み分けがなされることになる。

1990年にはCBR400RRが初のモデルチェンジを受け、車体を一新してマスの集中化を重視。エンジンはより小型化された新型で、エアクリーナーから吸気ポートまでの吸気経路が直線になるデザインの採用、新型キャブやコンピュータ制御のPGMイグニッション、軽量化されたピストンで大幅にリファインされて完成度をアップ。

以後、最高出力を53PSとした1993年のマイナーチェンジを経て2000年まで販売されていた。

画像: ツアラー色の強かった先代からレプリカ路線へ
画像: シャープなイメージを強調したデュアルヘッドライトが特徴の、新デザインのフルカウルが魅力的な1989年モデルのCBR400RR。ホイールサイズは初代CBR400RRのフロント17インチ・リア18インチから前後17インチに変更、ホイールデザインも6本スポークの新型となった。

シャープなイメージを強調したデュアルヘッドライトが特徴の、新デザインのフルカウルが魅力的な1989年モデルのCBR400RR。ホイールサイズは初代CBR400RRのフロント17インチ・リア18インチから前後17インチに変更、ホイールデザインも6本スポークの新型となった。

DETAIL

画像: 一般的なツインチューブフレームとは異なる、独特な形状のアルミ製LCG(低重心)バックボーンフレームがNC29型CBR400RRの車体の特徴。スイングアームの形状もNC23のトライアームから3ピース構造のキャステック・ガルアームが採用された。

一般的なツインチューブフレームとは異なる、独特な形状のアルミ製LCG(低重心)バックボーンフレームがNC29型CBR400RRの車体の特徴。スイングアームの形状もNC23のトライアームから3ピース構造のキャステック・ガルアームが採用された。

画像: 基本設計は初代CBR400RRから受け継ぐが、シリンダーとアッパークランクケースの一体化などによってエンジンを大幅にコンパクト化。LCGフレームと合わせて低重心化、マスの集中化を徹底。

基本設計は初代CBR400RRから受け継ぐが、シリンダーとアッパークランクケースの一体化などによってエンジンを大幅にコンパクト化。LCGフレームと合わせて低重心化、マスの集中化を徹底。

画像: エアクリーナーから吸気ポートまでほぼ直線状に配した上に、新設計のVP型フラット・バルブキャブレターや、不等長エアファンネルの採用によって吸入効率と燃焼効率を大幅に向上させている。

エアクリーナーから吸気ポートまでほぼ直線状に配した上に、新設計のVP型フラット・バルブキャブレターや、不等長エアファンネルの採用によって吸入効率と燃焼効率を大幅に向上させている。

画像: フレームは、コンパクト化を図ったエンジンにあわせ新設計したアルミ製LCGフレーム。キャステック・ガルアームは高い剛性を確保しながらマフラーを効率よくレイアウトできる。

フレームは、コンパクト化を図ったエンジンにあわせ新設計したアルミ製LCGフレーム。キャステック・ガルアームは高い剛性を確保しながらマフラーを効率よくレイアウトできる。

画像: フロントブレーキはφ296㎜のフローティングローターにFATキャリパーを組み合わせたダブルディスク。強力な制動力に加えて、コントローラブルでリニアなタッチも備えている。

フロントブレーキはφ296㎜のフローティングローターにFATキャリパーを組み合わせたダブルディスク。強力な制動力に加えて、コントローラブルでリニアなタッチも備えている。

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 399㏄
内径╳行程 55.0╳42.0㎜
圧縮比 11.3
最高出力 59PS/12500rpm
最大トルク 4.0㎏-m/10000rpm
燃料供給方式 キャブレター[VG04]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2020㎜
全幅 690㎜
全高 1110㎜
軸間距離 1370㎜
車両重量 179㎏
キャスター/トレール 25°15′/95㎜
燃料タンク容量 18L
タイヤサイズ(前) 120/60R17
タイヤサイズ(後) 150/60R18
当時価格 69万9000円

懐かしの400特集は「RIDE」に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.