ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!

バイクやヘルメットにカメラを取り付けて動画撮影するのは、いまや珍しい光景ではありませんが、今回発表された「KODAK PIXPRO 4KVR360」は、4Kデュアルレンズを搭載し、1台で360°全天球撮影が可能なアクションカメラです。

両方の広角レンズを使った「VRモード」のほか、小さいレンズを使ったより自然な映像の「FRONTモード(4K撮影対応)」や、大きい方のレンズを使った超広角「GLOBALモード」が用意され、シチュエーションに合わせて、3つの撮影モードから選択することができます。これはかなり便利そう。

また、2つのレンズで撮影した映像をカメラ内で合成する機能も搭載しているので、撮影したその場でパソコンやスマホを使ってVRモードの映像をSNSにも投稿可能なんです!

発売予定日は2017年4〜5月頃で、価格は従来モデルと同等の6万円前後となりそうです。

アクションカメラは使い方次第で可能性無限大…なんですけど、そのアイデアがなかなか思いつかないんですよねぇ…。それがあれば、撮るのも観るのも盛り上がるでしょうから、バイク専門ムービーのコンテスト開催に期待です!

画像1: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像: 大きさが違う、2つのレンズで構成されている「KODAK PIXPRO 4KVR360」。右のレンズは155°、左のレンズは235°を撮影。

大きさが違う、2つのレンズで構成されている「KODAK PIXPRO 4KVR360」。右のレンズは155°、左のレンズは235°を撮影。

画像2: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像3: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像4: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像5: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像6: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像7: ツーリング! サーキット! 様々な用途に応える全天球カメラ!
画像: リモコンが付属するので、遠隔操作も可能です。

リモコンが付属するので、遠隔操作も可能です。

主なスペック

●2000万画素 CMOSセンサー
●3種類の撮影スタイルを提案する3 in 1 コンセプトカメラ:
◯360度全天球撮影:155度レンズ+235度レンズ
◯4Kフル画素(3840x2160 30fps) FOV197度撮影(Front Mode)
◯235度超広角半天球撮影(Global Mode):従来機種KODAK SP360,SP3604Kが引き継がれています。
●Facebook™ 360° 画像・録画及び YouTube™ 360°録画形式をサポート
●記録媒体:最大128G microSDカード(Class10以上推奨)

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.