トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出ました。(リリースより)
スロットルグリップとバーエンドの隙間が不足しているためグリップヒーターを使用するとスロットルグリップが熱膨張してバーエンドと接触することがあり、そのためスロットルグリップの動きが悪くなり最悪の場合スロットルグリップが自動で戻らずエンジンの回転が下がらなくなるおそれがあります。
対象車両はトライアンフ正規販売店にてスロットルグリップとバーエンドの隙間を十分に確保するスペーサーを無償で追加します。

対象モデルおよび車台番号の範囲
型式:EBLEBL -HJ12 00 通称名:T120 /BLACK
リコール対象車の車台番号の範囲:SMTDAD74GDG746159 ~MTDAD74GDG776154
製作期間:平成 28 年 2月 26 日~平成 28 年 6月 13 日
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

問合せ先:トライアンフコール TEL03-6809-5233
      http://www.triumphmotorcycles.jp/

画像: リコール情報
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.