「ロードキング スペシャル」が2017年期中導入モデルとして新ラインアップ!

HARLEY-DAVIDSONの旗艦と言えば、V型ビッグツインエンジ搭載の大型ラグジュアリー系のツーリングファミリー。煌びやかなクロームパーツを多用してゴージャスな独特の雰囲気が真にアメリカン‼ と人気のモデルだが、そのフォルムの定石を破る新感覚のツーリングモデル「ロードキング スペシャル」が2017年期中導入モデルとして新ラインアップされた。

これまでツーリングファミリーのリアタイヤは16インチが定番で、リアが低いフォルムとなっている。しかし、このROAD KING SPECIALではリアに18インチタイヤを装備、フロントには19インチとストリートグライドやロードグライドと同サイズをチョイス。しかし、STDのロードキングと比較すると、シート高(695㎜)と最低地上高(125㎜)は10㎜ダウン。リアサス長を短く設定し、リアにボリュームを持たせたままローダウンすることに成功している。

さらに、ロードキングの顔とも言えるクロームに輝く大型のヘッドライトナセルをブラックアウト‼ ホイール、エキパイ・マフラーなど主要パーツもブラックアウトするダークカスタム的な手法が用いられており、リア両サイドの樹脂製サドルバックはエンド下部がストレッチされた特別な形状としている。また、STDで標準装備のウインドシールドは付属せず、新型のミニエイプハンドルバーが装備されているのも特徴。エンジンは2017年モデルで新採用のNEWビッグツイン=Milwaukee-Eight107[空冷4ストOHV4バルブV型2気筒・1745㏄]で、独特の世界感と革新をもたらす野心作だ。
すでに全国の正規デーラー店頭で予約販売が開始されており、ボディカラーは3種類が用意され価格は下記となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビビッドブラック[308万7400円]
チャコールデニム、オリーブゴールド(モノトーン)[313万3900円]
ホットロッドレッドフレーク(ハードキャンディーカスタム)[337万8400円]

画像: ヘッドライトナセルまでブラックアウトし極限までクロームパーツを廃したダークカスタム。リアには18インチタイヤを装備‼ 両サイドのサドルバックもストレッチされた特別形状だ。

ヘッドライトナセルまでブラックアウトし極限までクロームパーツを廃したダークカスタム。リアには18インチタイヤを装備‼ 両サイドのサドルバックもストレッチされた特別形状だ。

画像: 高さ9インチ(約23 ㎝)の新型ミニエイプハンドルバー(直径1.25インチ)を採用。ハンドルバーの直径は1.25インチとなっている。エンジンガードもブラックアウト…徹底したソリッド感だ。

高さ9インチ(約23 ㎝)の新型ミニエイプハンドルバー(直径1.25インチ)を採用。ハンドルバーの直径は1.25インチとなっている。エンジンガードもブラックアウト…徹底したソリッド感だ。

画像: 最上級のCVOモデルで採用されるリアフェンダーとサドルバッグの間を埋める「リアフェイシアパネル」を採用。ストップランプ一体型のウインカーでスマートな印象のリアビューとなっている。

最上級のCVOモデルで採用されるリアフェンダーとサドルバッグの間を埋める「リアフェイシアパネル」を採用。ストップランプ一体型のウインカーでスマートな印象のリアビューとなっている。

画像: 大型のヘッドライトナセルもブラックアウト…。ヘッドライトはデュアルハロゲンがチョイスされ、フロントウインカーはクリアレンズタイプとなっている。

大型のヘッドライトナセルもブラックアウト…。ヘッドライトはデュアルハロゲンがチョイスされ、フロントウインカーはクリアレンズタイプとなっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.