専用設計パーツが散りばめられた「CRF250 RALLY」

ダカール・ラリーに参戦するホンダのファクトリーマシン「CRF450 RALLY」のレプリカとして登場する「CRF250 RALLY」。それゆえ、デザインはもちろん、各部の仕上がりにもレプリカモデルとしてのコンセプトが注入されている。

その、各部のコダワリを見ていこう!

画像: カーボン調ライトケースに収まるのは、左右非対称の二眼LEDヘッドライト。

カーボン調ライトケースに収まるのは、左右非対称の二眼LEDヘッドライト。

画像1: 専用設計パーツが散りばめられた「CRF250 RALLY」
画像: CRF450RALLYと同一形状となる大型のフローティングスクリーン。スリットを配したシュラウドや、ナックルガードとあいまって、ハイレベルなウィンドプロテクション性能を発揮する。

CRF450RALLYと同一形状となる大型のフローティングスクリーン。スリットを配したシュラウドや、ナックルガードとあいまって、ハイレベルなウィンドプロテクション性能を発揮する。

画像2: 専用設計パーツが散りばめられた「CRF250 RALLY」
画像: ライディングポジションの自由度を考慮した形状の燃料タンクは、容量10リットル。

ライディングポジションの自由度を考慮した形状の燃料タンクは、容量10リットル。

画像: テールライトと小型LEDウインカーは専用設計。リアまわりをコンパクトにまとめることで、シャープな印象に仕上がっている。

テールライトと小型LEDウインカーは専用設計。リアまわりをコンパクトにまとめることで、シャープな印象に仕上がっている。

画像: 滑らかな面で構成された、機能的なシート形状。シート高は895mm〔※ローダウン仕様は830mm〕となっている。ちなみに、ベースモデルのCRF250Lは875mm〔※ローダウン仕様は830mm〕。

滑らかな面で構成された、機能的なシート形状。シート高は895mm〔※ローダウン仕様は830mm〕となっている。ちなみに、ベースモデルのCRF250Lは875mm〔※ローダウン仕様は830mm〕。

画像: フロントサスペンション長はベースモデルのCRF250Lから30mm延長。新設計のフォーク形状を採用し、セッティングも最適化されている。また、フロントブレーキφ296mmのウェーブ形状フローティングディスクを採用する。

フロントサスペンション長はベースモデルのCRF250Lから30mm延長。新設計のフォーク形状を採用し、セッティングも最適化されている。また、フロントブレーキφ296mmのウェーブ形状フローティングディスクを採用する。

画像: しなやかで快適な乗り心地を実現する新設計のリアサスペンション。リンクレシオの変更によりアクスルストロークを25mm拡大している。画像はCGイメージ。

しなやかで快適な乗り心地を実現する新設計のリアサスペンション。リンクレシオの変更によりアクスルストロークを25mm拡大している。画像はCGイメージ。

画像: スリムな車体だけに、収納スペースの確保は厳しいか…と思いきや、左サイドカバーの内側にはキーロック付きの大型ツールボックスを設置している。

スリムな車体だけに、収納スペースの確保は厳しいか…と思いきや、左サイドカバーの内側にはキーロック付きの大型ツールボックスを設置している。

画像: 転倒時のダメージ軽減を狙い、CRF250L、CRF250Mと共通の可倒式チェンジペダルを採用する。

転倒時のダメージ軽減を狙い、CRF250L、CRF250Mと共通の可倒式チェンジペダルを採用する。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CRF250 RALLY 648,000円(消費税抜き本体価格 600,000円)
CRF250 RALLY Type LD 648,000円(消費税抜き本体価格 600,000円)
CRF250 RALLY <ABS> 702,000円(消費税抜き本体価格 650,000円)
CRF250 RALLY Type LD <ABS> 702,000円(消費税抜き本体価格 650,000円)

画像3: 専用設計パーツが散りばめられた「CRF250 RALLY」

問い合わせ先

お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.