カラーバリエーションは全4色に!

ホンダの「CRF1000L Africa Twin」に新色「キャンディープロミネンスレッド」が追加されます。従来カラーのパールグレアホワイト、ヴィクトリーレッド、デジタルシルバーメタリックは継続となり、全4色のラインアップとなります。

また、国内の排出ガス規制適合に伴う各部の適正化で、2kW(約3PS)の出力向上も実現しています。

新色の税込価格はスタンダードが135万円、DCT仕様が145万8000円。発売日は2月14日(火)となっています。

画像: 【新色】CRF1000L Africa Twin<DCT>(キャンディープロミネンスレッド)

【新色】CRF1000L Africa Twin<DCT>(キャンディープロミネンスレッド)

次世代アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」に新色を追加し発売
 
Hondaは、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を国内の排出ガス規制に適合させるとともに、新色を追加し2月14日(火)に発売します。

CRF1000L Africa Twinは、市街地から高速道路、さらには郊外のワインディングロードから未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデルとして「日常のコミューティングから広大な夢の大地を走破できる真の本格アドベンチャーモデル」「True Adventure」を開発コンセプトに、新開発の直列2気筒998ccエンジンを搭載し次世代アドベンチャーモデルにふさわしい装備やHonda独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、先進技術を搭載したモデルとして昨年2月に発売して以来、多くのお客様に支持されてきました。
今回、好評のパールグレアホワイト、ヴィクトリーレッド、デジタルシルバーメタリックに加え、力強く端正なスタイリングをより強調するキャンディープロミネンスレッドを、各タイプに新たに採用し、全4色のカラーバリエーションとしました。また、国内の排出ガス規制に適合させるとともに各部の適正化により、エンジン出力性能を向上※1させました。

※1従来モデルから2kW向上

問い合わせ先

お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.