築かれた伝統と、現在のライダーが求める機能を融合

オートバイのタンクの上に固定して、走行途中にも簡単に荷物を出し入れできるタンクバッグ。現在もごく普通に多くのライダーが便利に使っている、このタンクバッグの元祖はコロナ産業というメーカーだった。コロナのタンクバッグの歴史は、1958年にまで遡る。この元祖タンクバッグは、平たい本体の上面に車体前方からライダー側に向かってジッパーで開けるフラップ状のフタを組み合わせた、現在のタンクバッグのスタイルがすでに完成されていたのだ。

画像: 帆布素材のカーキグリーン。

帆布素材のカーキグリーン。

画像: ブラックは合皮となっている。

ブラックは合皮となっている。

使いやすさに加えて、上質な帆布や金具を使用して丁寧に生産された品質の高さもあって大人気となり、それに合わせて製品ラインアップも拡大。一般ライダーはもちろん、ハードな業務に使うプレスライダーにも愛用され、「タンクバックといえばコロナ」と言われる存在となっていった。しかし80年代を過ぎたあたりからライバルメーカーに押されるようになり、近年になってコロナ産業は廃業、残念ながらその歴史に幕を閉じた。

しかし、いまだに修理しながら愛用している人がいるほどの根強い人気に応えて、昨年ついにコロナのツーリングバッグが復活。正式に権利を取得したジャパンドラッグから、コロナの伝統を守りながら、現在のライダーが求める機能を融合させた、新生コロナタンクバッグが発売されたのだ。国内生産による素材や縫製のクオリティも追求した、まさにこだわりの逸品を手にするなら今しかない!

画像: スズキ SV650ABSに、帆布Lサイズを装着。ゴムベルトでマウントを固定して、バッグを取り付けるシステムはコロナのタンクバッグならではのスタイル。マウントの裏側のクッション材には「EVAフォーム」を新採用。

スズキ SV650ABSに、帆布Lサイズを装着。ゴムベルトでマウントを固定して、バッグを取り付けるシステムはコロナのタンクバッグならではのスタイル。マウントの裏側のクッション材には「EVAフォーム」を新採用。

画像: 素材は帆布(カーキグリーン)と、合皮(ブラック)の2種類。サイズはA4完全収納のLサイズと、小排気量車に最適なSサイズをラインアップ。

素材は帆布(カーキグリーン)と、合皮(ブラック)の2種類。サイズはA4完全収納のLサイズと、小排気量車に最適なSサイズをラインアップ。

画像: Lサイズ、Sサイズ共通でスマホ対応のマップポケットにはケーブル用のホールが用意されている。携帯バッテリーで充電しながら走るような場面で重宝しそうだ。

Lサイズ、Sサイズ共通でスマホ対応のマップポケットにはケーブル用のホールが用意されている。携帯バッテリーで充電しながら走るような場面で重宝しそうだ。

コロナツーリングバッグ(Lサイズ)■税込価格:2万3760円

画像: バッグ本体に加え、マウント、ゴムベルト、透明レインカバーが付属している。余談だが、上面のクリアマップケースはスマホのタッチパネルにも対応。

バッグ本体に加え、マウント、ゴムベルト、透明レインカバーが付属している。余談だが、上面のクリアマップケースはスマホのタッチパネルにも対応。

画像: Lサイズのバッグには、小物入れ用のポケットも装備する。

Lサイズのバッグには、小物入れ用のポケットも装備する。

画像: コロナツーリングバッグ(Lサイズ)■税込価格:2万3760円

コロナツーリングバッグ(Sサイズ)■税込価格:1万9440円

画像1: コロナツーリングバッグ(Sサイズ)■税込価格:1万9440円
画像2: コロナツーリングバッグ(Sサイズ)■税込価格:1万9440円
画像: ロゴが刻印されている部分の裏側は、マジックテープで固定するタイプのポケットになっている。

ロゴが刻印されている部分の裏側は、マジックテープで固定するタイプのポケットになっている。

画像: 内部にはポケットがあり内容物を仕分けて収納もしやすい構造。また、バッグ側面にはグリップも付いているので、持ち運びにも便利だ。

内部にはポケットがあり内容物を仕分けて収納もしやすい構造。また、バッグ側面にはグリップも付いているので、持ち運びにも便利だ。

撮影/赤松 孝、南 孝幸

問い合わせ(総販売元)&公式サイト

ジャパンドラッグ ☎049-246-3528

懐かしのバイク用品特集は2月1日発売のオートバイ3月号に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.