画像1: Ducati XDiavel S 米国の「グッドデザイン賞2016」を受賞

Ducati XDiavel Sは、スタイル、技術革新、パフォーマンスのアイコンとみなされ、そのユニークなシルエットが評価され受賞しました。ドゥカティおよびデザインセンターにとって、このDucati XDiavel Sの開発は真の意味での挑戦でした。Ducati XDiavel Sは、本物のテクノクルーザーであり、その細部に至るまで細心の注意を払ってデザイン、未来的なメカニズムと最先端のテクノロジーを投入し、ドゥカティのDNAを巧みにクルーザーワールドに融合させています。

画像2: Ducati XDiavel S 米国の「グッドデザイン賞2016」を受賞

米国のグッドデザイン賞は、The Chicago Athenaeum Museum of Architecture & Designによって1950年に設立された権威あるデザイン賞であり、世界で革新的かつ先進的な工業デザインやグラフィック・デザインを対象としています。2016年の同賞の選考に当たって、グッドデザイン賞選考委員会は、エレクトロニクス、ロボット工学、家具、グラフィック、自動車など、46カ国から選ばれた900を超える候補作品を評価しました。
注:1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」からなる日本のグッドデザイン賞とは異なります。

https://www.chi-athenaeum.org/gdesign/index.html

XDiavel S Xディアベルは、プレミアム品質の素材と洗練された仕上げが、 Sバージョンの先進テクノロジーと融合し、非常にユニークで他に類を見ないデザインに躍動感を与えています。心臓部に収まる新しい 1262cc ドゥカティ・テスタストレッタ DVTエンジンは、まぎれもなくこのモーターサイクルの主役としての役割を担っています。機械加工された光沢およびブラック仕上げのディテールが目を惹くこのエンジンは、あらゆる回転域にわたって強大なトルクを発生します。 クルーザー・ワールド(低速、リラックスした走り、ロングツーリング、足を前方に投げ出すライディング・ポジション)とドゥカティ・ワールド(イタリアン・スタイル、洗練されたエンジニアリングと比類なきパフォーマンス)という2つの世界を融合しています。
エンジン テスタストレッタ DVT デュアルスパーク L型2気筒水冷 デスモドロミック4バルブ
排気量 1262 cc
最高出力 112 kW (150 hp) @ 9500 rpm 【日本仕様】
最大トルク 126 Nm (12.8 kgm) @ 5000 rpm 【日本仕様】
価格 270万5000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.