半世紀に渡り「憧れ」の存在、それが「Kライン」デザイン

70年代まで革ツナギといえば東のカドヤとGOTO、そして西のクシタニが御三家。だが80年代にレプリカブーム、レースブームが巻き起こると、職人がツナギメーカーから独立して新ブランドを立ち上げたり、布や革のアパレルメーカーやバイク用品ショップが続々と参入した。タカイ、アールエスタイチ、アズスポーツ、セクレテール、ステージレザー、ナンカイ、ダイト、コミネ、プリカーナ、ブレイン、バギー、デグナー、ヨネゾーなどなど、列記するとキリがないほどだが、今なお健在のブランドもある。レプリカブーム全盛時はサーキット走行用途に加えてファッションアイテムとして着るライダーも多かったので、革ツナギ屋さんはホクホクだった。

百花繚乱の革ツナギブランドの中でも別格視されていたのがクシタニだ。浜松オートレースの選手用に革服を作っていたという経緯からヤマハやスズキのワークスライダーに愛用者が多く、ヨシムラのライダーも着用していたことでハイエンドイメージが確立。アマチュアライダーにとって憧れのブランドとなった。クシタニ製品が他社製品に比べるとかなり高価だったこともイメージを押し上げた要因の一つだろう。

中でも人気が高かったのがクシタニの頭文字である「K」をツナギのアクセントラインとした通称「Kライン」デザイン。左右非対称パターンが一般化したのも、Kラインの人気があったから。そしてクシタニの徹底した高品質体制は現在に至るまで変わらず、半世紀近く憧れのブランドであり続けている。リターンライダーの中には「最後はクシタニ」と思い続けている人も多いはずだ。 (太田)

画像: KUSHITANI K-0072XX Kサルトスーツ NEXUS 価格:30万2400円(イージーオーダー価格:32万4000円) ●素材:〈表〉ホルス牛革(フッ素加工)、ザイロンニット〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ) ●カラー:①ブラック/レッド②ブラック/ゴールド ●サイズ:M、M/L、M/LL、L/M、L、L/LL、L/2W、L/3W、L/XL、LL/L、LL、LL/XL、LL/2W、LL/3W、XL/LL、XL ●MFJ公認規格レザースーツ

KUSHITANI K-0072XX Kサルトスーツ NEXUS
価格:30万2400円(イージーオーダー価格:32万4000円)
●素材:〈表〉ホルス牛革(フッ素加工)、ザイロンニット〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)
●カラー:①ブラック/レッド②ブラック/ゴールド
●サイズ:M、M/L、M/LL、L/M、L、L/LL、L/2W、L/3W、L/XL、LL/L、LL、LL/XL、LL/2W、LL/3W、XL/LL、XL
●MFJ公認規格レザースーツ

写真/松川 忍

画像: 創業70周年を迎えたアニバーサリーアイテムとして登場した、限定生産の「KUSHITANI × ARAI 70th Anniversary Helmet」。ベースはアライヘルメットのRX-7Xで、価格は6万9984円。3月下旬の発売予定だが、すでにメーカーとしては予約で完売してしまった。欲しい人は店頭在庫を探すしかないかも。

創業70周年を迎えたアニバーサリーアイテムとして登場した、限定生産の「KUSHITANI × ARAI 70th Anniversary Helmet」。ベースはアライヘルメットのRX-7Xで、価格は6万9984円。3月下旬の発売予定だが、すでにメーカーとしては予約で完売してしまった。欲しい人は店頭在庫を探すしかないかも。

■問い合わせ:クシタニ ☎053-441-2516

  

懐かしのバイク用品特集は2月1日発売のオートバイ3月号に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.