独特のキャラクターで人気を博したシリーズのミドル版

ワサキの400㏄4気筒モデルの歴史はZ400FXから始まり、その後Z400GP、GPz400/Fと続くが、エンジン自体はZ400FX系の空冷直4に改良を施したものだった。しかし、ついに1985年にGPz400Fがフルモデルチェンジし、カワサキの400㏄モデル初の水冷エンジン搭載車がデビューした。

画像: スタイリングは基本的に兄弟モデルのGPZ600Rと共通。高速走行でも快適な大柄なフルカウルに余裕のあるポジション、大容量の燃料タンクなど、スポーツツアラーとして求められる機能と、スポーティさをスマートにまとめたものだ。

スタイリングは基本的に兄弟モデルのGPZ600Rと共通。高速走行でも快適な大柄なフルカウルに余裕のあるポジション、大容量の燃料タンクなど、スポーツツアラーとして求められる機能と、スポーティさをスマートにまとめたものだ。

1985年といえばもはや時代はレーサーレプリカ全盛だったが、GPZ400Rはレーサーレプリカではなく、輸出モデルのGPZ600Rをベースにエンジンの排気量を400㏄化したもの。車格はライバルたちより大きくポジションもアップライトなもので、フルカウルもレーサー的なデザインではなく高速走行時の快適性を重視したもの。しかしエンジンは自主規制上限の59PSと力強く、600がスチール製フレームなのに対しアルミフレームとされていること、そして何よりサーキットでの速さを狙ったライバルたちと一線を画す公道での扱いやすさ、快適さを備えたオールラウンダーとして大人気モデルとなった。

その人気の高さは、1987年に後継モデル・GPX400Rが登場してもGPZは併売され、最終的に1989年まで生産されたことからもわかるだろう。

DETAIL

画像: エンジンはGPZ600R用の592㏄水冷直4をベースに、ボア╳ストロークを60╳52.4㎜から56╳40.4㎜に変更して排気量を398㏄化したもの。フレームも400専用のアルミクロスフレームだ。

エンジンはGPZ600R用の592㏄水冷直4をベースに、ボア╳ストロークを60╳52.4㎜から56╳40.4㎜に変更して排気量を398㏄化したもの。フレームも400専用のアルミクロスフレームだ。

画像: フロントは当時流行の16インチホイールを採用、アンチノーズダイブ、オートマチック・バリアブル・ダンピングを備えるのはライバルのレーサーレプリカたちとも似ている。

フロントは当時流行の16インチホイールを採用、アンチノーズダイブ、オートマチック・バリアブル・ダンピングを備えるのはライバルのレーサーレプリカたちとも似ている。

画像: 左側にスピードメーター、右側にタコメーターを配置したアナログ2連メーター。レッドゾーンは1万2500rpmから。ハンドルはセパレートタイプだが、バーの位置は高めの設定。

左側にスピードメーター、右側にタコメーターを配置したアナログ2連メーター。レッドゾーンは1万2500rpmから。ハンドルはセパレートタイプだが、バーの位置は高めの設定。

画像: スイングアームはアルミ製で、リアサスはカワサキお得意のユニトラックサス。アルミフレームと合わせ、レーサーレプリカに劣らない高いレベル技術が投入された車体だ。

スイングアームはアルミ製で、リアサスはカワサキお得意のユニトラックサス。アルミフレームと合わせ、レーサーレプリカに劣らない高いレベル技術が投入された車体だ。

画像: DETAIL

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 398㏄
内径╳行程 56.0╳40.4㎜
圧縮比 11.0
最高出力 59PS/12000rpm
最大トルク 3.6㎏-m/10500rpm
燃料供給方式 キャブレター[CVK30]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2095㎜
全幅 675㎜
全高 1180㎜
軸間距離 1430㎜
乾燥重量 176㎏
キャスター/トレール 26°/86㎜
燃料タンク容量 18L
タイヤサイズ(前) 100/90-16
タイヤサイズ(後) 130/90-16
当時価格 62万9000円

懐かしの400特集は「RIDE」に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)

This article is a sponsored article by
''.