人気の「CB1100」シリーズに新モデル追加!

2010年3月の登場以来、高い人気を維持し続けているCB1100ですが、各部の熟成が行なわれると同時に、新モデル「RS」が登場! 新CB1100シリーズ共通のフランジレスフューエルタンクを採用するほか、前後17インチ化や、車体ディメンション、足まわりパーツの変更などが行なわれ、ETC車載器とグリップヒーターおよびインジケーターランプは標準装備としています。

税込価格は137万8080円、発売日は1月20日となっています。

画像: HONDA CB1100RS

HONDA CB1100RS

※リリースより
定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100」「CB1100 EX」の熟成を図るとともにスポーティーな走りの「CB1100 RS」を新たに追加し発売

Hondaは、空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100」と「CB1100 EX」の各部の熟成と深化を図るとともに、17インチホイールを採用するなど、より軽快感のあるスポーティーな乗り味を実現した「CB1100 RS」を新たに追加し、1月20日(金)に発売※1します。
 
CB1100シリーズは「“鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」をコンセプトに、穏やかな出力特性の空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載し、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求して開発。2010年3月の発売以来、高い質感と扱いやすい乗り味でお客様の価値観や所有欲を満たす伝統的なネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルとして熟成・深化してきました。
 
今回のCB1100シリーズはシンプルでエモーショナルな佇まいと新たな走りの方向性を拡げることをねらいに、初代からの開発コンセプトを継承しつつ、CB1100 EXは所有する喜びをさらに深め、細部に至る仕上げと質感を追求し伝統的なスタイルの深化を図るとともに、従来モデルより5kgの軽量化を実現させました。CB1100 RSはスポーティーな走りを実現する17インチホイールの足回りを採用し、車体ディメンションや足回り主要部品を変更するとともにCB1100 EXよりもさらに3kgの軽量化を図り、応答性の高い軽快なハンドリングを実現させました。CB1100は従来からの端正なデザインを継続しながら、CB1100シリーズ共通の新設計マフラーとエアクリーナーを装着し、空冷直列4気筒エンジンの魅力を深化させました。
 
※1CB1100 EX、CB1100 RS、CB1100 E Packageは、「二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要になります



画像: 人気の「CB1100」シリーズに新モデル追加!

カラーバリエーション

画像: HONDA CB1100RS (グラファイトブラック)

HONDA CB1100RS (グラファイトブラック)

画像: HONDA CB1100RS (キャンディープロミネンスレッド)

HONDA CB1100RS (キャンディープロミネンスレッド)

画像: 前後縦方向にラインが入ったスポーティなシートは「RS」専用品。

前後縦方向にラインが入ったスポーティなシートは「RS」専用品。

HONDA 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.