250クラスの枠を越えた迫力サイズのアドベンチャー!

250クラスのマシンには見えない、堂々たる車格の持ち主であるVストローム250。アドベンチャーツアラーはミドルクラスより上の大型機種だけのもの、というイメージが強く、これまでVストロームシリーズのエントリーモデルは650だった。扱いやすく価格面でも手の届きやすい、250の登場は嬉しい限り。世界的にヒットしそうな、魅力的なニューカマーである。

ベースとなったのはスムーズなパワーフィールと快適な乗り心地が魅力のGSR250S。ロングランも快適にこなせる素性の良さを活かしながら、タフに使えるアドベンチャーとしての魅力をプラスしたのが、このVストローム250なのだ。先に中国でプロトタイプも公開されていたように、このVストローム250はグローバルモデル。日本での発売に今から期待は高まるばかりだ。

このVストローム250最大のポイントは、丸目一灯のヘッドライトと、このシリーズ伝統の「クチバシ」が織りなす、独特のフロントマスクだろう。アドベンチャーモデルの中でも特に個性的なこのデザインで、Vストローム250は見る者に大きなインパクトを与え、他車とは違う存在感をアピールしている。

また、サイドから見るとよくわかるが、このVストローム250は取り回しにも配慮していて、シート高をできるだけ抑えて足つき性を最大限に確保している。国内向けを含めて詳細なスペックは未発表だが、シート高はベースのGSR250Sと同等と言われており、日本人にも扱いやすそうなサイズとなっている。

画像1: 250クラスの枠を越えた迫力サイズのアドベンチャー!
画像2: 250クラスの枠を越えた迫力サイズのアドベンチャー!
画像3: 250クラスの枠を越えた迫力サイズのアドベンチャー!
画像4: 250クラスの枠を越えた迫力サイズのアドベンチャー!

SUZUKI 公式サイト

  

完全保存版のバイク年鑑、現在発売中です!

JAPAN BIKE OF THE YEAR 2017 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 53,976
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.