スタイリッシュなフォルムと爽快なフットワークが自慢!

250クラスではスポーツムードを前面に押し出したマシンが多い中、スズキは堂々たるボディと快適な乗り味を魅力としたGSR250シリーズを展開し、独自の個性をアピールしてきた。さらに「新しい個性」を打ち出そうとするのがGSX250R。美しいフォルムと爽快な走りをどこでも謳歌するための1台なのだ。最もこだわったのは「カッコよさ」。バイクの長所をあれこれ語るよりも、まずひと目見た瞬間から好きになってしまうようなスタイリングこそがスポーツバイク最大の魅力。スズキは今回そこにこだわり「誰の目にもカッコいいバイクであること」を徹底して追求している。

また、実用性も重視される250クラスのバイクらしく、使い勝手のよさと充実した装備も大きなポイントとなっている。ステップは厚手の防振タイプで、乗り心地に対する細やかな配慮も見逃せない。スポーツバイクらしいセパレートタイプのシートも、これに合わせて肉厚のものとしGSRからの特徴である、快適な乗り味を継承している。

走りで目指したのは軽快なハンドリング。リーンウィズでヒラヒラと旋回を楽しめる。エンジンはGSRのSOHC2バルブを継承しながら吸排気系を手直しして、パワーを25PSに向上。同時にマフラーもスポーティな1本出しとして軽量化も図っている。車体の基本はGSRから引き継ぎながらも、GSX250Rではシートレールの構成をシンプルにし、これも軽量化に大きく貢献。最終的にはGSR250Fより11㎏もの軽量化を果たしている。

画像1: スタイリッシュなフォルムと爽快なフットワークが自慢!
画像2: スタイリッシュなフォルムと爽快なフットワークが自慢!
画像3: スタイリッシュなフォルムと爽快なフットワークが自慢!
画像4: スタイリッシュなフォルムと爽快なフットワークが自慢!

  

完全保存版のバイク年鑑、現在発売中です!

JAPAN BIKE OF THE YEAR 2017 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 34,840
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.