ワークスマシンに匹敵するスペシャルチューンで登場‼

このZXー10RRは上級バージョンであることに間違いはない。マルケジーニ製のアルミ鍛造ホイールを履き、タイヤにはヨーロッパのレースでも定番になっているピレリのディアブロ・スーパーコルサSPだ。シングルシート化で1㎏軽量化され、前後のバランスフリータイプのサスペンションは専用セッティングとされている。また、アップだけでなくシフトダウンにも対応できるクイックシフターも装備されている。

これらによって、カワサキがテストで使うオートポリスでは、ラップタイムが1~2秒縮まっているという。でも、このZXー10RRは、それだけに留まらず、SBKやJSBをも視野に入れた専用設計が施されていたのだ。シリンダーヘッドは、キットパーツとして用意される、ハイリフトカムシャフトを装着するためのクリアランスを確保した専用品だ。そして、チューニングアップ時の耐久性向上とフリクションロス低減のため、タペットにはDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングが施されている。さらに、クランクケースを強化品として、高出力化にも対応させている。

レースの現場でこうした変更を施せば、レギューションに抵触するケースも出るため、あらかじめ市販状態で織り込んでいる。しかし、このZXー10RRはホモロゲマシンながら、一般ライダーも魅了する。パルサーカバー、イグニッションキーにはRRロゴが入り、商品性が高められており、スーパースポーツファンも触手を伸ばしたくなるスペシャルモデルである。 

 (和歌山 利宏)

画像: ZX-10Rの限定モデル、KRTウインターテストエディションにも装着されていた、雪の結晶をモチーフにしたスペシャルデカールがZX-10RRのスクリーンにも貼られている。ホイールはマルケジーニと共同開発した7本スポークデザインのアルミ製鍛造。バネ下重量の軽減によるハンドリングの軽快感向上に加え、剛性バランスの最適化で慣性モーメントも低減されている。

ZX-10Rの限定モデル、KRTウインターテストエディションにも装着されていた、雪の結晶をモチーフにしたスペシャルデカールがZX-10RRのスクリーンにも貼られている。ホイールはマルケジーニと共同開発した7本スポークデザインのアルミ製鍛造。バネ下重量の軽減によるハンドリングの軽快感向上に加え、剛性バランスの最適化で慣性モーメントも低減されている。

画像: 極めてコンパクトでスリムだが、アッパーカウルやスクリーンなどのデザインを洗練させ、ライダーを効果的に走行風から守る機能的デザイン。

極めてコンパクトでスリムだが、アッパーカウルやスクリーンなどのデザインを洗練させ、ライダーを効果的に走行風から守る機能的デザイン。

画像: 太いリアタイヤが目を引くが、後ろから見てもやはりスリム。大容量のサイレンサーだが、高く跳ね上げた上に形状も工夫してバンク角を確保。

太いリアタイヤが目を引くが、後ろから見てもやはりスリム。大容量のサイレンサーだが、高く跳ね上げた上に形状も工夫してバンク角を確保。

画像: ワークスマシンに匹敵するスペシャルチューンで登場‼

 

完全保存版のバイク年鑑、現在発売中です!

JAPAN BIKE OF THE YEAR 2017 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 389,378
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.