「ちょっとDE耐!」に参加すべく、運動性を重視!

19日にツインリンクもてぎで開催されるミニバイクの耐久レースイベント「ちょっとDE耐!」に参戦すべく、前日からサーキット入りしているオートバイ・ミニバイク部。グロム(レースベース車)で参戦するのは、もちろん「GROM Cup」クラスです。

19日の現地は、朝から夕方まで雨の予報ですが、それはそれ。なんとか無転倒で乗り切れるとイイなぁ。

そんな中、今回はグロムのシートを再カスタムしてみました。シートカスタムでお馴染みの丸直さんの協力を得て、オートバイ誌でテスターを務める太田安治さんの助言を注入。乗車位置のアンコを盛り、シート後部はより薄く。そんな試行錯誤を繰り返しながら出来上がったシートです。ハリケーンの「フォワード コンチ2型 Φ7/8インチ ハンドルバー」との相性も良好で、グロムらしさというよりも、スタンダードなスポーツバイクといった印象のライポジになりました。

画像: エースライダーの「あいかつん」こと国友愛佳ちゃん。RIDE誌で活躍する彼女が乗る以上、RIDEワッペンは外せません。というわけで、丸直さんに特別に取り付けて貰いました!

エースライダーの「あいかつん」こと国友愛佳ちゃん。RIDE誌で活躍する彼女が乗る以上、RIDEワッペンは外せません。というわけで、丸直さんに特別に取り付けて貰いました!

画像: 現状、ミニバイク部のグロムはこんな感じです。

現状、ミニバイク部のグロムはこんな感じです。

画像: 意外と違和感が無いワッペン取付後のシート表面。

意外と違和感が無いワッペン取付後のシート表面。

画像: シートがフラットになって「前後の体重移動がラクになり、足元も窮屈さが無くなり、ミニバイクコースでも街乗りでもいいんじゃない」とは太田さん。下のノーマルシートと見比べてください。

シートがフラットになって「前後の体重移動がラクになり、足元も窮屈さが無くなり、ミニバイクコースでも街乗りでもいいんじゃない」とは太田さん。下のノーマルシートと見比べてください。

画像: こちらはスタンダード状態のグロム。ライダー乗車スペースがくぼんでおり、足つき性はバツグン。

こちらはスタンダード状態のグロム。ライダー乗車スペースがくぼんでおり、足つき性はバツグン。

画像: 「ちょっとDE耐!」に参加すべく、運動性を重視!

マルナオ公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.