リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?

イタリアはミラノで行われたEICMAで発表された、市販バージョンのホンダCRF250RALLY。基本的には先に登場したプロトタイプをそのまま踏襲した造りで、ダカールマシン「CRF450RALLY」のDNAを感じさせる個性的な非対称LEDヘッドライトやロングスクリーンもそのままのイメージで登場しました。CRF250Lと比べて、車格はひとまわり大きくなった印象で、タンクは3リットル近く増量。ただ、重量は14kg増にとどまり、この本格的なラリースタイルで、シート高は20mmアップに抑えられています。プロトタイプでメロメロになっていた人達も納得の仕上がりではないでしょうか。

画像1: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?
画像: 全長x全幅x全高:2210 x 900 x 1425mm ホイールベース:1455mm 車重:157kg 最低地上高:270mm シート高:895mm タンク容量:10.1L 最高出力:24.75PS/8500rpm 最大トルク:2.3kg-m/6750rpm ※欧州仕様

全長x全幅x全高:2210 x 900 x 1425mm
ホイールベース:1455mm
車重:157kg
最低地上高:270mm
シート高:895mm
タンク容量:10.1L
最高出力:24.75PS/8500rpm
最大トルク:2.3kg-m/6750rpm
※欧州仕様

画像2: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?
画像3: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?
画像4: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?
画像: ABS搭載車にはリアのABS解除ボタンがついています。

ABS搭載車にはリアのABS解除ボタンがついています。

画像: ABSマークが点灯してるってことはABS装着車ですね。

ABSマークが点灯してるってことはABS装着車ですね。

画像: ヘッドライトはハイで両眼点灯します。左側ヘッドライトの中には「RALLY」の文字が。

ヘッドライトはハイで両眼点灯します。左側ヘッドライトの中には「RALLY」の文字が。

画像: 左サイドカバーを外すと工具&小物入れがあります。

左サイドカバーを外すと工具&小物入れがあります。

画像5: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?
画像: 撮影車両はすでに日本語のコーションステッカーが貼られているので発売はそう遠くないはず!「ガッチリロック」ステッカーも貼られてます!

撮影車両はすでに日本語のコーションステッカーが貼られているので発売はそう遠くないはず!「ガッチリロック」ステッカーも貼られてます!

画像: CRF250 RALLY 開発のキーワードを「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ!」と定め、ワークスマシンCRF450 RALLYのフォルムとカラーリングをほうふつさせるスタイリングを実現しました。快適な高速巡航を可能とする、ウインドプロテクションに優れたフロントスクリーンや、不整地走行を考慮したロングストロークの前・後サスペンションを採用。ヘッドライトは、ラリーマシンと同様のフレームマウントで、左右非対称の二眼LEDを採用し、個性的なフロントビューとしています。水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンは、低回転域でのトルクと高回転域でのピーク出力の向上を図ることで、扱いやすさと力強さを高めています。なお、ブレーキシステムは、制動時の安心感を高めたABSを採用するなど、アドベンチャーモデルにふさわしい充実した装備としています。(ホンダリリース)

CRF250 RALLY
開発のキーワードを「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ!」と定め、ワークスマシンCRF450 RALLYのフォルムとカラーリングをほうふつさせるスタイリングを実現しました。快適な高速巡航を可能とする、ウインドプロテクションに優れたフロントスクリーンや、不整地走行を考慮したロングストロークの前・後サスペンションを採用。ヘッドライトは、ラリーマシンと同様のフレームマウントで、左右非対称の二眼LEDを採用し、個性的なフロントビューとしています。水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンは、低回転域でのトルクと高回転域でのピーク出力の向上を図ることで、扱いやすさと力強さを高めています。なお、ブレーキシステムは、制動時の安心感を高めたABSを採用するなど、アドベンチャーモデルにふさわしい充実した装備としています。(ホンダリリース)

画像6: リアフェンダーには日本語コーションステッカー! 本格的に登場間近か!?

こうなると日本での発売がいつなのか気になってきますが、撮影車両はすでに日本語のコーションステッカーが貼られており、どうやらCRF250RALLYも市場に出たくてウズウズしている様子。過去に「CRF250L」が発売されたのが、2012年春だったところから考えると「もしかして暖かくなる頃には乗れるの…?」と期待をしていいんじゃないでしょうか!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.