ホンダは2014年以来2年ぶり、通算22回目のタイトル獲得

画像1: ホンダは2014年以来2年ぶり、通算22回目のタイトル獲得

Hondaは、2016 FIM※ MotoGPTM世界選手権のMotoGPクラスにおいて、コンストラクターズタイトルを獲得。11月13日(日)、スペインで開催された同世界選手権シリーズ最終戦のバレンシアGPで、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスが2位でフィニッシュし、2014年以来2年ぶりの同タイトル獲得となった。
コンストラクターズタイトルは、各戦で最上位ライダーが獲得したポイントと同ポイントがメーカーごとに与えられ、このポイントの合計によって競われる。今シーズンのタイトル獲得には、ワークスマシン「RC213V」を駆る、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサに加え、エルシーアール・ホンダ(LCR Honda)のカル・クラッチロー、エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ・マーク・ブイディーエス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)のジャック・ミラーの4選手がポイントを獲得し、Hondaの総合力を発揮した。
今年は、Hondaが1966年にロードレース世界選手権の最高峰クラス(当時は500cc)に出場してから50年目にあたり、記念すべき年。最高峰クラスでの同タイトル獲得数は、1966年に500cc・4ストロークエンジンのRC181で初めて獲得して以来、通算22回目となる。

【2016年 MotoGPクラス コンストラクターズランキングと獲得ポイント】
1位 Honda 369ポイント
2位 Yamaha 353ポイント
3位 Ducati 261ポイント
4位 Suzuki 208ポイント
5位 Aprilia 101ポイント

画像2: ホンダは2014年以来2年ぶり、通算22回目のタイトル獲得

Hondaはマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え2冠を達成

画像1: Hondaはマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え2冠を達成

レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスは、10月16日に決勝が行われたMotoGP™世界選手権シリーズ第15戦MOTUL日本グランプリで優勝を飾り、既に2016年のチャンピオンを獲得。最終戦でコンストラクターズタイトルを獲得したHondaは、今シーズンのMotoGPクラスにおいて、ライダーズタイトル、コンストラクターズタイトルの2冠を達成した。

画像2: Hondaはマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え2冠を達成
画像3: Hondaはマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え2冠を達成
画像: レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team) マルク・マルケス

レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team) マルク・マルケス

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.