R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開

 R nineTシリーズのストーリーは、BMWが90周年を迎えた2013年に始まっている。1973年にBMWが市販車としては初めてビキニカウルを装着して発売した「R90S」のオマージュとして、90周年を記念するモデルとして制作したのが『Concept 90』と名付けられたオレンジ色に輝くコンセプトモデル。スタイルは伝統的なカフェレーサー、しかしボディワークや装着パーツなどは最先端のものという、伝統と革新を見事にミックスしたものだった。そして、そのモデルは伝統的なボクサーエンジンを搭載したヘリテイジモデルであるR nineTをベースに作ったカスタムマシンであり、その後のR nineTの市場投入へと繋がっている。
 R nineTは生まれた時から自由なカスタマイズを楽しむためのBMWだ。そしてBMWもR nineTを自由に捉え、R nineTスクランブラー、R nineT Racer、R nineT Pure、R nineT Urban G/Sと誕生させた。国内外モデルで勢い高まるネオクラシックラインの中でも、注目されているシリーズのひとつであるこのR nineTシリーズ。あなたならどれを選ぶ?

BMW R nineT

画像1: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像2: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開

BMW R nineT スクランブラー

画像3: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像4: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開

BMW R nineT Racer

画像5: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像6: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開

BMW R nineT Pure

画像7: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像8: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開

BMW R nineT Urban G/S

画像9: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像10: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
画像11: R nineTをカスタムモデルのように幅広く展開
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.