インパクトのある「ファミリーフェイス」に一新

画像: 写真は390DUKE。KTMらしい、オレンジが印象的なカラーリングです。

写真は390DUKE。KTMらしい、オレンジが印象的なカラーリングです。

キビキビした走りとスタイリッシュなフォルムで
日本でも人気の高い「スモールデューク」シリーズこと、
390DUKE、125DUKE、そして200DUKE。近年では250DUKEも
ラインアップに加わり、幅広いユーザーから支持されているモデルです。
そんなスモールデュークシリーズが生まれ変わりました。

画像: こちらは125DUKE。基本構成は一緒ですが、外観ではカラーリングが違います。

こちらは125DUKE。基本構成は一緒ですが、外観ではカラーリングが違います。

DUKEシリーズのフラッグシップ、1290スーパーデュークのイメージもある
新しいスタイリングは、インパクトあるマスクと尖ったシュラウドが特徴。
以前本誌でもテスト中の姿をスクープした写真を掲載しましたが、
ほぼそのまま登場した感じです。

画像: こちらは390DUKEのエンジン。最高出力は44HPと発表されています。

こちらは390DUKEのエンジン。最高出力は44HPと発表されています。

画像: サスペンションはお約束のWP製。ブレーキはBYBRE、タイヤはメッツラーです。

サスペンションはお約束のWP製。ブレーキはBYBRE、タイヤはメッツラーです。

画像: こちらは250DUKE。ライト回りが若干異なっています。

こちらは250DUKE。ライト回りが若干異なっています。

日本にはどのモデルが上陸するかはまだ未発表ですが、
125、250、390というラインアップに引き続きなると期待できそう。
フレームも変わりましたし、走りがどう進化しているかにも
期待したいですね。

この新型デュークシリーズの詳細は
次号・1月号にてご紹介しますのでお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.