ストリートツインベースのワイルドなスクランブラー

画像1: ストリートツインベースのワイルドなスクランブラー

インターモトで登場したストリートカップが早くも日本で大反響を
呼んでいるトライアンフですが、ミラノショーでさらなる「次の一手」が
登場しました。それがこのストリートスクランブラーです。

画像: 写真はオプション装着車。マフラーがバンス&ハインズに変更されています。

写真はオプション装着車。マフラーがバンス&ハインズに変更されています。

その名の通り、昨年発表されたストリートツインのバリエーションモデルですが、
ストリートカップ同様、専用パーツをふんだんに採用して
それぞれのキャラクターに合ったチューニングが施されています。
まず、車体関係はスクランブラー専用セッティングが施され、
リアショックには全長の長いものを採用。ワイドなハンドルバー、
フロント19インチ、リア17インチのメッツラータイヤを組み合わせ、
シブいスクランブラースタイルを実現しています。

画像: スクランブラーの要であるサイド出しマフラーも存在感十分。

スクランブラーの要であるサイド出しマフラーも存在感十分。

画像: ボンネビルボバー同様の単眼メーターはシンプルながら機能も十分。

ボンネビルボバー同様の単眼メーターはシンプルながら機能も十分。

画像2: ストリートツインベースのワイルドなスクランブラー
画像3: ストリートツインベースのワイルドなスクランブラー

搭載されるエンジンはストリートツイン譲りの900cc・270度クランクの
水冷バーチカルツイン。高トルク型のエンジンはイキのいいダッシュ力に優れ、
198kgの車体をグイグイ加速させます。トルクアシストクラッチや
モード切替可能なトラクションコントロール、ON/OFFが可能な
スイッチャブルABSといった最先端装備も充実し、扱いやすさも確保。
他のストリートシリーズ同様、日本の道にもフィットする、楽しいマシンに仕上がっています。

ボディカラーは3色をラインアップするこのストリートスクランブラー、
日本導入はちょっと先になると思われますが、今から楽しみですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.