エントリーモデルだからこその全力投球!

ミラノショーでは、DUCATIブランドのエントリーモデルともいえる「Monster 797」が登場。エントリーモデルと言っても、803cc、76PSを発揮するLツインエンジンは、DUCATIモデルの魅力を充分に秘めたテイストに仕上げられているようだ。カラーリングは「スターホワイト」と「レッド」の2色が用意されている。

画像1: Monster 797

Monster 797

画像2: Monster 797

Monster 797

画像3: Monster 797

Monster 797

画像4: Monster 797

Monster 797

画像5: Monster 797

Monster 797

画像6: Monster 797

Monster 797

「1200」も大幅グレードアップ!

そして、今回のショーでは新型モンスター1200/Sも発表された。ハイパワー化と車体のコンパクト化を実現したほか、WSBKからフィードバックした電子制御システムを随所に採用。クイックシフトや、新型カラーディスプレイの採用などもあり、大幅なグレードアップが図られている。

画像1: Monster1200S

Monster1200S

画像2: Monster1200S

Monster1200S

プロモーションビデオ

画像: Monster 797 - Let's have fun youtu.be

Monster 797 - Let's have fun

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.