「SDESIGN 液体ラバースプレー 油性」を使ってみた!

オールペンするほどの予算はないけど、バイクを派手なカラーリングにしたい。そんな都合の良いリクエストに応えてくれる商品が、この「液体ラバースプレー」。最大の特徴は、何と言っても塗装後に剥がすことができるという点。

スプレー塗装の塗りやすさと、シートを貼り付けていくラッピングのような剥がしやすさを両立しているのが最大の魅力だ。今回はメーカーの担当者さんに塗装してもらったが、作業の流れに特別な点はなく、至ってシンプル。上の写真のシートカウル(ストリートトリプルR)などは、取材スタッフがちょっと目を離している間に塗り終わってしまったほどだ。

また、ラバースプレーはマット仕上げのカラーが多くラインアップされているが、光沢のあるグロスタイプに比べて、マットは塗りミスが目立たないのも特徴なのだとか。匂いが少ないパステル系の水性もあるし、様々な素材に使えるスプレーなので、日常使う小物などにも使えるぞ。

画像: 「SDESIGN 液体ラバースプレー 油性」を使ってみた!
画像: スプレーで塗装するだけ。カラーリングに飽きたら剥がすだけ。愛車の雰囲気を変えるだけではなくて、カウル類の保護などにも使うことができる。ちなみに、剥がした後の糊残りもほとんど無かった。ちなみに、上の写真は下地に白のスプレーを吹いていたので、剥がした裏地は白くなっている。

スプレーで塗装するだけ。カラーリングに飽きたら剥がすだけ。愛車の雰囲気を変えるだけではなくて、カウル類の保護などにも使うことができる。ちなみに、剥がした後の糊残りもほとんど無かった。ちなみに、上の写真は下地に白のスプレーを吹いていたので、剥がした裏地は白くなっている。

スタッフ・ボイス!

これまでグロム(レースベース車)の一部カウルを素人ラッピングしていたのですが、よく見るとシワが寄っていたり、エアが入っている箇所も沢山あったんです。でも、スプレータイプならそんな不安は皆無。剥がしやすさはどちらも一緒です。先日、このグロムで富士スピードウェイを走りましたが、塗装面の不具合は皆無でしたよ。 (編集部:福助)

画像: スタッフ・ボイス!

SDESIGN 液体ラバースプレー 油性 価格:3685円 [税別]
 
カラー:マットブラック、マットホワイト、グロスクリア、マットレッド、マットクリア、マット蛍光グリーン、マット蛍光イエロー、マット蛍光ピンク、マット蛍光オレンジ、マット蛍光ブルー、マットゴールド、マットシルバー
内容量:400㎖ 成分:合成樹脂、顔料、有機溶剤
乾燥時間:[夏期]20〜30分 [冬期]40分〜1時間

 

 

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.