画像: ワイルドカードエントリーの中須賀克行、ファクトリーチームのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、サテライトチームのポル・エスパルガロ、ブラッドリ・スミスが顔をそろえました。豪華っ!

ワイルドカードエントリーの中須賀克行、ファクトリーチームのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、サテライトチームのポル・エスパルガロ、ブラッドリ・スミスが顔をそろえました。豪華っ!

10/13(木曜)です。木曜っていうのは、どのレースでもチーム関係者にとってはとっくに各サーキット入りして準備を始めているタイミングなんですが、僕らメディアやライダーにとっては「入り日」。今日13日から、徐々にもてぎが燃えはじめましたよ♪
その「入り日」に先だって、12日水曜には、都内で「2016ヤマハMotoGP ファンミーティング」が行なわれました。これは、ヤマハファクトリー&サテライトチームの4、それにワイルドカードの中須賀の計5人のライダーをゲストに、いつもGPチームをサポートしている関係者やスポンサーさん、そのつながりのみなさんを招いての「限定的」ファンミーティング。ほら、ファンの方はサーキットでもライダーに会えるけれど、たとえばチェーンメーカーさん、オイルサプライヤーさん、クラッチメーカーさんとか、ダイレクトにマシンやチームをサポートしてるんだけど、立場上、ライダーにきゃーきゃー行けない、って人がたくさんいるんですよ。その方々にもお礼を、って企画で進んだミーティングなんです。もちろん、ファンの方もぎっしり!

画像: 3台のYZR-M1が並べられました こういう演出、ヤマハって上手いよね

3台のYZR-M1が並べられました こういう演出、ヤマハって上手いよね

ミーティングは、参加したお客さんからのライダーへのQ&Aだったり、プレゼント交換会だったり、さらにみんなで写真撮ろうよ、っていうイベント。いいすね、こういうイベント。ライダーにとっては、年に何日しかいない日本で、いろいろ顔出さなきゃいけない場所がある中で、キチッとこういう場を設けるなんて、ヤマハってすごい。
「本当なら本社に顔出してほしい、ってエラい人に言われたんだけど、ファン優先だろ、ってこっちに来てもらったんですよ」とは、MotoGPプロジェクトリーダーの辻さん。ヤマハも辻さんもGJ!
Q&Aコーナーでは、いろいろと質問が出たんだけれど、レースに向かう気構えなんかは、きょう夕方のプレスカンファレンスの模様でお伝えします! パドックにひとがあふれて、インタビューや写真をこなすライダーがいたり、熱心なファンは、もう今日からもてぎ入りしてますし、だんだんムードも盛り上がってきました!

画像: 「バレンティーノやホルヘと同席して緊張してます」という中須賀。それを聞いて笑ってるバレンティーノ

「バレンティーノやホルヘと同席して緊張してます」という中須賀。それを聞いて笑ってるバレンティーノ

画像: ライダーからのプレゼントの抽選会もありました ホルへもスゴい人気!

ライダーからのプレゼントの抽選会もありました ホルへもスゴい人気!

画像: こんな距離でライダーと触れ合えるなんて機会、なかなかないもんね ファンのみなさん、楽しんでました

こんな距離でライダーと触れ合えるなんて機会、なかなかないもんね ファンのみなさん、楽しんでました

WebオートバイやRacingAUTOBYのfacebookでは、ちょくちょくインタビューとか、お届けしますからね。お楽しみに♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.