新設計DOHCエンジンを搭載する本格派スポーツ

画像: GSX-Rと呼ぶにふさわしいスタイルは、1000と並んでも負けない存在感!

GSX-Rと呼ぶにふさわしいスタイルは、1000と並んでも負けない存在感!

新型のGSX-R1000/Rが大喝采で迎えられたスズキのカンファレンスですが、フラッグシップのR1000にも負けない喝采を受けていたのが、今回登場したシリーズの末弟・GSX-R125です。スリムでスポーティなフォルムは、スズキのワークスカラーがよく似合うデザイン。独特の顔つきも存在感十分なものでした。

画像: ユニークな形状が強い印象を与えるヘッドライト。当然ながらオールLEDです。

ユニークな形状が強い印象を与えるヘッドライト。当然ながらオールLEDです。

特筆すべきはこのGSX-R125、クラスをリードする先進装備を満載していること。
LEDヘッドライトを筆頭に、多機能デジタルメーター、おまけにキーレスエントリーまで装備しているのです!

画像: 通常のイグニッションキーの位置には、スカイウェイブなどでおなじみのダイヤルが、

通常のイグニッションキーの位置には、スカイウェイブなどでおなじみのダイヤルが、

搭載されるエンジンは新設計のDOHCシングル。現時点ではパワースペックは公表されていませんが、これだけのマシンだけに期待を裏切ることはなさそう。欧州で2017年から市販予定だそうですが、欧州だけでなく、ぜひとも日本でも発売してほしいところです! 詳細は次号・12月号にてじっくりお見せしますのでお楽しみに!

主要諸元
全長×全幅×全高:1975×670×1070mm
車重:NA シート高:785mm
タンク容量:11L
タイヤサイズ前・後:90/80-17・130/70-17

イベント速報はフェイスブックでも公開中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.