電車+バイクで旅の面白さ倍増!

画像1: 電車+バイクで旅の面白さ倍増!

ツーリングと言えば秋はオススメの季節。気候的にも旬の食べ物が豊富なので、海へ行っても山へ行っても満足度の高いツーリングが楽しめる絶好のタイミングですよね。ベテランライダーになってくると自分なりのツーリングコースを設定して毎年行っているという人もいることでしょう。お馴染みのお店が出来たりしようもんなら、毎年顔を出す特別な場所になったりして、もう止められない! ただ、どうしたって発着場所は自宅からなので、1日休みが取れたからと言ってツーリングに行ける範囲や場所は限られちゃう。正直なところ、代わり映えはしないというか、ツーリングの新鮮さはなくなってくるものです。そこで、オススメしたいのが、旅先でレンタルして行くツーリングです!

画像2: 電車+バイクで旅の面白さ倍増!
画像3: 電車+バイクで旅の面白さ倍増!
画像4: 電車+バイクで旅の面白さ倍増!

東京〜仙台の350キロを電車で行くから現実的になる

今回、旅先として選んだのは『杜の都』仙台。東北地方に住んでいる人からすると「旨い牛タン食べに行くか!」と、ツーリングの目的地にしている方もいらっしゃるでしょうが、東京からツーリングで行くとなると片道350キロ、移動だけの往復700キロを1日でトライするには、時間的にも体力的にも厳しいものです。今回のように東京〜仙台を新幹線を利用し、そこからレンタルバイクでツーリングすれば、1日で山間の景色も、海岸線も堪能できるし、美味しい海産物も食べられる。仙台に絞って行けば、充実している観光地には何軒も回ることだって可能です。

画像1: 東京〜仙台の350キロを電車で行くから現実的になる
画像2: 東京〜仙台の350キロを電車で行くから現実的になる

今回、CB400SFとGSR250でしたが、気軽にツーリングをするという意味では、荷物を入れてタンデムものんびり走れるフォルツァZなどもオススメかも。「誰と行く」というのがツーリングで重要ですが、レンタルバイクを活用することで、これまで以上に「どこへ行く」に対する選択の幅が広がることは確実ですよ。

画像3: 東京〜仙台の350キロを電車で行くから現実的になる
画像4: 東京〜仙台の350キロを電車で行くから現実的になる
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.